明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 サブカルチャーを研究する意味とは?

明治大学 国際日本学部 准教授 宮本 大人

身近な事柄の中に問題を発見する知識と知恵を身につける

私は、日本のサブカルチャーを研究するゼミを行っています。国際日本学部はゼミが必修ではないので、当然卒業論文も必修ではないのですが、私のゼミでは卒論を書き、それを卒論集として本にして同人誌即売会などで販売しています。ゼミの入室ガイダンスの際には次のように説明しています。


漫画やアニメ、ゲーム、テレビ、映画、写真、雑誌、音楽、ファッション、広告、インターネットなど、参加者各自が興味を持っている、さまざまなジャンルの大衆文化・サブカルチャーについて、それがどのようなメディアによって成立しているのかという点を意識しながら、普段とは違った角度から見つめ直すことで、身近な事柄の中に問題を発見していくことのできる知識と知恵を身につけていってもらいたいと思います。

一般論・抽象論ではなく、参加者各自が興味を持っている、何か具体的な作品や作家、ジャンル、現象などについて、そこで、①何が(内容、テーマ)、②どう(形式、メディア)、表現され、享受されているのかを、多面的に捉える練習をします。

また、調べる→まとめる→発表する→ほかの人の意見を聞く→それをふまえてレポートにまとめる、という一連の手順を全員に練習してもらうことも、このゼミの大きな目標になります。一言で言えば、自分にとって重要なことを、ほかの人とともに、考える練習です。

これは、単に4年次の卒業論文作成に向けての準備であるだけでなく、オトナの人に必要な、自己把握能力・プレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を高めていくための基礎作りでもあります。


基本的には人文・社会科学系の教育・研究の効能一般のお話ですが、身近な事柄の中に問題を発見していくことのできる知識と知恵を身につける、というあたりは、サブカルチャーを対象にしていることの意味がはっきりするところでしょうか。

次回は、私が専門にしている漫画の歴史についてお話していきます。

#1 サブカルチャーを研究する意味とは?
#2 漫画の始まりはいつ?
#3 手塚治虫以前には、どんな漫画があったの?
#4 漫画を研究するポイントって?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

専門分野に別の角度から光をあて発見を引き出そう

2019.3.25

専門分野に別の角度から光をあて発見を引き出そう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 小山内 崇
#1 なぜ、定年過ぎても働かなくてはいけないの?

2019.3.22

#1 なぜ、定年過ぎても働かなくてはいけないの?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 野田 稔
人生100年時代に向けて、視野を広げて準備しよう

2019.3.14

人生100年時代に向けて、視野を広げて準備しよう

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 後藤 光将
本当に大切なものを問い直し、働く指針にしよう

2019.3.7

本当に大切なものを問い直し、働く指針にしよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 三和 裕美子
マルクスの視点に立って現代社会を見つめ直そう

2019.2.28

マルクスの視点に立って現代社会を見つめ直そう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

2019.03.13

安いバイオプラスチックの登場まで、海洋汚染の限界はもつのか

2019.03.06

東京2020ボランティアに秘められたメッセージ

2019.02.27

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

2019.02.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2018.02.28

このままでは、日本は武器輸出大国になる!!

3

2019.03.13

安いバイオプラスチックの登場まで、海洋汚染の限界はもつのか

4

2019.03.06

東京2020ボランティアに秘められたメッセージ

5

2019.03.20

外国人労働者受け入れ拡大の成功には教育の力が必要!!

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム