明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

#1 サブカルチャーを研究する意味とは?

明治大学 国際日本学部 准教授 宮本 大人

身近な事柄の中に問題を発見する知識と知恵を身につける

私は、日本のサブカルチャーを研究するゼミを行っています。国際日本学部はゼミが必修ではないので、当然卒業論文も必修ではないのですが、私のゼミでは卒論を書き、それを卒論集として本にして同人誌即売会などで販売しています。ゼミの入室ガイダンスの際には次のように説明しています。


漫画やアニメ、ゲーム、テレビ、映画、写真、雑誌、音楽、ファッション、広告、インターネットなど、参加者各自が興味を持っている、さまざまなジャンルの大衆文化・サブカルチャーについて、それがどのようなメディアによって成立しているのかという点を意識しながら、普段とは違った角度から見つめ直すことで、身近な事柄の中に問題を発見していくことのできる知識と知恵を身につけていってもらいたいと思います。

一般論・抽象論ではなく、参加者各自が興味を持っている、何か具体的な作品や作家、ジャンル、現象などについて、そこで、①何が(内容、テーマ)、②どう(形式、メディア)、表現され、享受されているのかを、多面的に捉える練習をします。

また、調べる→まとめる→発表する→ほかの人の意見を聞く→それをふまえてレポートにまとめる、という一連の手順を全員に練習してもらうことも、このゼミの大きな目標になります。一言で言えば、自分にとって重要なことを、ほかの人とともに、考える練習です。

これは、単に4年次の卒業論文作成に向けての準備であるだけでなく、オトナの人に必要な、自己把握能力・プレゼンテーション能力・コミュニケーション能力を高めていくための基礎作りでもあります。


基本的には人文・社会科学系の教育・研究の効能一般のお話ですが、身近な事柄の中に問題を発見していくことのできる知識と知恵を身につける、というあたりは、サブカルチャーを対象にしていることの意味がはっきりするところでしょうか。

次回は、私が専門にしている漫画の歴史についてお話していきます。

#1 サブカルチャーを研究する意味とは?
#2 漫画の始まりはいつ?
#3 手塚治虫以前には、どんな漫画があったの?
#4 漫画を研究するポイントって?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

2019.1.22

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

2019.1.18

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

2019.1.17

“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

2019.1.15

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

2019.1.10

本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム