明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

150兆円もの余剰金が出る年金制度は、世界でも日本だけ

現在、私たち国民が払う保険料によって、年金の原資はどんどん増えていっている状況です。その額はすでに150兆円にも達しています。これは、将来、現役世代が減り、高齢者が増えたときに給付に使うためといわれています。しかし、150兆円もの余剰金が出るほどの保険料を徴収する必要があるのでしょうか。いまの年金給付額をまかなえるだけの保険料で、なぜダメなのでしょう。確かに、20年後は1.2人の現役世代が1人の高齢者を支えるといわれていますが、そのときには、それに必要な保険料にすれば良いのではないでしょうか。それでは保険料が大幅にアップすると思う人もいるでしょうが、私の試算では、第2号被保険者の個人負担ベースで、11〜12%でまかなえる計算です。現在は約9.1%ですから、金額にして約1万円くらいのアップです。つまり、余剰金を当てにしなくても過大な負担になることはないのです。すると、いま9.1%も徴収する必要はなく、保険料はもっと抑えられるのです。このままであれば、余剰金はさらに増えつづけ、300〜400兆円になる計画です。世界を見ても、これほどの余剰金が出るような保険料を設定している国は、日本だけなのです。

さらに、これほどのお金をどのように運用しているのかというと、150兆円のうち、60兆円前後は国債で運用されているのです。おかしくないでしょうか。国債の元利金を払うのは国民です。国民から集めたお金で、国民が支払う債券を買っているのです。あまりにもバカげた話です。例えば、カナダなどでは、国民から集めた資金で自国の国債を買うことは禁止されています。これが、常識的な考えではないでしょうか。

ところが日本では、こうした仕組みがあまり知らされず、議論にもなっていません。単純に、余剰金を積み立てているから日本の年金は安心だ、破綻しない。だから、余剰金がなくなると破綻する、とマスコミや一部の学者までもが言います。そんなことはありません。余剰金がなくても、年金は破綻しません。むしろ、まるで余剰金をつくらなくてはいけないような仕組みが、日本の年金制度をおかしくしているのです。

次回は、公的年金制度の問題点をさらに見ていきます。

#1 そもそも公的年金の仕組みってどうなっているの?
#2 年金保険料は払い損になる?
#3 日本の年金制度は破綻する?
#4 年金の資金は余っているの?
#5 年金の余剰金は増えるのに給付額は減る?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム