明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

公的年金を「百年安心保険」というのは理由がある

政府は、公的年金制度を「百年安心保険」と喧伝してきました。それにはある理由があります。よく知られているように、日本の年金制度は、現役世代の払う保険料で、高齢者の年金を負担する構造です。現在は約2人の現役世代で、1人の高齢者を支えています。しかし、少子高齢化が進む現状では、20年後ぐらいには1.2人で1人を支えることになると考えられます。年金制度が破綻するという不安は、この少子高齢化が根拠になっていますが、実は、厚労省が決める保険料は、こうした状況がすべて織り込み済で計算されています。つまり、現在は年金を給付しても余るほどの保険料を徴収しているのです。その余剰金を運用しておき、給付金が保険料を上回るようになったときに、それを使っていくという計画です。現在、その余剰金は、なんと150兆円に達しています。なるほど、これなら日本の公的年金制度が簡単に破綻することはないでしょう。「百年安心保険」と言えるはずです。

こうした構造はあまり報道されていないので、知っている人は少ないと思います。では、この話を聞いて、皆さんは安心したでしょうか。あるいは、何かおかしいと思うでしょうか。実は、この「百年安心保険」の仕組みこそ日本の年金制度の大きな問題点だと、私は思うのです。

次回は、年金の余剰金の問題点を説明します。

#1 そもそも公的年金の仕組みってどうなっているの?
#2 年金保険料は払い損になる?
#3 日本の年金制度は破綻する?
#4 年金の資金は余っているの?
#5 年金の余剰金は増えるのに給付額は減る?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

2019.1.22

#3 地方は、よそ者に排他的なんでしょう?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

2019.1.18

#2 なぜ、世界では「シリコンバレーモデル」が成功しているの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

2019.1.17

“大衆”に甘んじず、自ら考え、世界を広げよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 星野 茂
#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

2019.1.15

#1 都市生活者に地方創生は関係あるの?

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 奥山 雅之
本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

2019.1.10

本の再読を通じて、むかしの自分に会いにいこう

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 松尾 卓摩

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.01.23

日本のスマホ料金が高いのはユーザーが寛容だから?

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.01.09

18歳の大人たちに、糧となるのはしっかりとした法教育

2018.12.19

物に「痛い!」と言ってもらえる!?非破壊検査技術AE法

2018.12.12

行政はなぜ必要?なくては困るが、甘えすぎも要注意!

人気記事ランキング

1

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2017.06.14

現代の経済学では説明できない!? 縄文時代の持続可能性社会

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム