明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

平均寿命くらいまで受給すると、支払いの約2倍を受取れる

公的年金の受給資格は65才からですから、それまでに亡くなってしまうと、当然払い損ということになってしまいますが、日本人の平均寿命といわれているくらいまで受給すると、払い損になることはまったくありません。

まず、第1号被保険者が受給する国民年金、第2・第3号被保険者が受給する基礎年金の半分は国が補填しています。単純に言えば、自分が払った分の2倍もらえるわけです。また、第2号被保険者の老齢厚生年金は、支払いを企業が半分負担しているので、これも、単純に言えば払った分の2倍もらえることになります。

保険料を20才から60才まで40年間払い、65才から85才まで20年間受給した場合を、簡単に計算してみましょう。第1号被保険者は、年間約19.2万円(月約1.6万円)を納付するので、40年間で768万円を支払うことになります。国民年金として年間約79万円を20年間受給すると、1580万円になります。第2号被保険者は、定年までの40年間の平均年収が500万円だとすると、天引きされる額は年平均約50万円で、40年間で2000万円になります。受給は、基礎年金(国民年金相当の年間約79万円)プラス老齢厚生年金(年収500万円であれば報酬比例として100万円を超える)で、200万円以上になるでしょう。200万円を20年間受給しても4000万円になります。今後は受給額がカットされていくことが考えられますが、平均年収500万円だった人の受給額が、年200万円を切ることはおそらくないでしょう。

また、いわゆる平均寿命とは0才からの寿命なので、65才時点で生存している人の寿命はもっと長くなるはずです。そう考えると、払い損になる人はわずかで、ほとんどの人は払い損になることはないと言えます。

次回は、年金制度は破綻するのかについて説明します。

#1 そもそも公的年金の仕組みってどうなっているの?
#2 年金保険料は払い損になる?
#3 日本の年金制度は破綻する?
#4 年金の資金は余っているの?
#5 年金の余剰金は増えるのに給付額は減る?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム