明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

平均寿命くらいまで受給すると、支払いの約2倍を受取れる

公的年金の受給資格は65才からですから、それまでに亡くなってしまうと、当然払い損ということになってしまいますが、日本人の平均寿命といわれているくらいまで受給すると、払い損になることはまったくありません。

まず、第1号被保険者が受給する国民年金、第2・第3号被保険者が受給する基礎年金の半分は国が補填しています。単純に言えば、自分が払った分の2倍もらえるわけです。また、第2号被保険者の老齢厚生年金は、支払いを企業が半分負担しているので、これも、単純に言えば払った分の2倍もらえることになります。

保険料を20才から60才まで40年間払い、65才から85才まで20年間受給した場合を、簡単に計算してみましょう。第1号被保険者は、年間約19.2万円(月約1.6万円)を納付するので、40年間で768万円を支払うことになります。国民年金として年間約79万円を20年間受給すると、1580万円になります。第2号被保険者は、定年までの40年間の平均年収が500万円だとすると、天引きされる額は年平均約50万円で、40年間で2000万円になります。受給は、基礎年金(国民年金相当の年間約79万円)プラス老齢厚生年金(年収500万円であれば報酬比例として100万円を超える)で、200万円以上になるでしょう。200万円を20年間受給しても4000万円になります。今後は受給額がカットされていくことが考えられますが、平均年収500万円だった人の受給額が、年200万円を切ることはおそらくないでしょう。

また、いわゆる平均寿命とは0才からの寿命なので、65才時点で生存している人の寿命はもっと長くなるはずです。そう考えると、払い損になる人はわずかで、ほとんどの人は払い損になることはないと言えます。

次回は、年金制度は破綻するのかについて説明します。

#1 そもそも公的年金の仕組みってどうなっているの?
#2 年金保険料は払い損になる?
#3 日本の年金制度は破綻する?
#4 年金の資金は余っているの?
#5 年金の余剰金は増えるのに給付額は減る?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.8.9

自分を活かせるライフワークを見つけよう

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.7.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
信念を貫くことにも自覚的であろう

2022.7.21

信念を貫くことにも自覚的であろう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

2022.7.14

目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.7.7

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事