明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

平均寿命くらいまで受給すると、支払いの約2倍を受取れる

公的年金の受給資格は65才からですから、それまでに亡くなってしまうと、当然払い損ということになってしまいますが、日本人の平均寿命といわれているくらいまで受給すると、払い損になることはまったくありません。

まず、第1号被保険者が受給する国民年金、第2・第3号被保険者が受給する基礎年金の半分は国が補填しています。単純に言えば、自分が払った分の2倍もらえるわけです。また、第2号被保険者の老齢厚生年金は、支払いを企業が半分負担しているので、これも、単純に言えば払った分の2倍もらえることになります。

保険料を20才から60才まで40年間払い、65才から85才まで20年間受給した場合を、簡単に計算してみましょう。第1号被保険者は、年間約19.2万円(月約1.6万円)を納付するので、40年間で768万円を支払うことになります。国民年金として年間約79万円を20年間受給すると、1580万円になります。第2号被保険者は、定年までの40年間の平均年収が500万円だとすると、天引きされる額は年平均約50万円で、40年間で2000万円になります。受給は、基礎年金(国民年金相当の年間約79万円)プラス老齢厚生年金(年収500万円であれば報酬比例として100万円を超える)で、200万円以上になるでしょう。200万円を20年間受給しても4000万円になります。今後は受給額がカットされていくことが考えられますが、平均年収500万円だった人の受給額が、年200万円を切ることはおそらくないでしょう。

また、いわゆる平均寿命とは0才からの寿命なので、65才時点で生存している人の寿命はもっと長くなるはずです。そう考えると、払い損になる人はわずかで、ほとんどの人は払い損になることはないと言えます。

次回は、年金制度は破綻するのかについて説明します。

#1 そもそも公的年金の仕組みってどうなっているの?
#2 年金保険料は払い損になる?
#3 日本の年金制度は破綻する?
#4 年金の資金は余っているの?
#5 年金の余剰金は増えるのに給付額は減る?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

2021.9.2

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム