明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「あなた以外の誰か」を想像し続けよう

明治大学 理工学部 准教授 波戸岡 景太

めまぐるしく変化する世界情勢において、企業や組織が生き残っていくために、どんな人材が求められているのか。
さまざまな分野に精通した明治大学の教授陣が考える、これからの日本を担うリーダーに必要な力とは。

教授陣によるリレーコラム/私が考える「次世代リーダーに必要な力」【19】

理想のリーダーになりたいと思うのであれば、まずは、誰にとっての理想のリーダーになりたいのか、ということを考える必要があります。当然のことながら、自分の理想を相手に押し付けているだけでは、それは、リーダーとして人を導いていることになりません。

いやいや、そんなことはしていない、と大抵の人は反論するはずです。リーダーたるもの、自分の理想よりも部下との関係を重視して当然ではないか、と。果たして、それは本当でしょうか?

理想のリーダー像を思い描こうとしているとき、あなたはきっと、その人の部下の視点に立っているはずです。このこと自体に、特に問題はありません。ですが、現実にあなたがリーダーとなったとき、現実の部下が「あなた自身」ということはあり得ません。冒頭の言葉と矛盾するように聞こえるかもしれませんが、実は、「誰にとっての?」という問いかけに、正解はない――あるとすれば、「あなた以外の誰か」ということになるのです。

滅私奉公が良い、というのではありません。全体主義社会の恐怖を描いたジョージ・オーウェルの『1984』や、星野智幸の『俺俺』といった小説を読んでいると、「あなた以外の誰か」を理解することは、誰にとっても、ほとんど不可能なのではないかと思わされます。ですが、重要なのは、そうした「相互理解の不可能性」と呼ぶべき事態に対して、安易な解決法を求めない、ということです。

自分以外の誰かについて、どこまでも突き詰めて考えてみる。結果的にそれは、あなたの知らないあなた自身を発見することにもつながります。そのときこそ、あなたはきっと、理想のリーダーに一歩近づいていることでしょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

2019.7.11

生物の仕組みを、自分ゴト化して考えてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

2019.7.5

#4 自己組織化を会社組織に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

2019.7.4

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
#3 自己組織化は経済に応用できる?

2019.7.2

#3 自己組織化は経済に応用できる?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦
#2 自己組織化は数式化できるの?

2019.6.28

#2 自己組織化は数式化できるの?

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授
  • 山口 智彦

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム