明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

波戸岡 景太

波戸岡 景太

明治大学 理工学部 准教授

研究分野
現代文学・文化論
研究テーマ
アメリカの実験的小説家トマス・ピンチョンを中心とした、活字表現をめぐる文化研究
主な著書・論文
  • 『映画原作派のためのアダプテーション入門 フィッツジェラルドからピンチョンまで』(彩流社・2017年)
  • 『ロケットの正午を待っている』(港の人・2016年)
  • 『ラノベのなかの現代日本 ポップ/ぼっち/ノスタルジア』(講談社現代新書・2013年)
  • 『動物とは「誰」か? 文学・詩学・社会学との対話』(水声社・2012年)
  • 『コンテンツ批評に未来はあるか』(水声社・2011年)
  • 『ピンチョンの動物園』(水声社・2011年)
  • 『オープンスペース・アメリカ 荒野から始まる環境表象文化論』(左右社・2009年)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.10.30

再生医療の進歩にも繋がる、独自の人工骨開発技術がある

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

人気記事ランキング

1

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム