明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

岡安 孝弘

岡安 孝弘

明治大学 文学部 教授

研究分野
心理社会学科 健康心理学、教育臨床心理学
研究テーマ
思春期・青年期における精神的健康に関する研究
【キーワード】ストレス メンタルヘルス 社会的スキル
主な著書・論文
  • 中学生のグループ活動体験と対人不安傾向および社会的スキルとの関連(明治大学心理社会学研究,第12号,2017)
  • 高校生のインターネット利用行動とインターネット依存,精神的健康の関係(明治大学心理社会学研究,第12号,2017)
  • 福島原発事故後に仮設住宅で生活する中学生のメンタルヘルスに関する一考察(ストレス科学研究,Vol.31,2017)
  • 高校生の対人不安に対処するための心理教育プログラムの効果(明治大学心理社会学研究,第11号,2016)
  • インターネット依存の心理社会的影響およびリスク要因に関する研究の動向(明治大学心理社会学研究,第11号,2016)

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

人気記事ランキング

1

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

2

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

3

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

4

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム