明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

相澤 守【教員プロフィール】
荒川 薫(あらかわ かおる)
明治大学 総合数理学部 教授
専門はメディア情報学と情報通信工学。数理モデルと機械学習を用いた画像処理や情報解析、物体デザインを研究しています。とくに関心が高いのは、人の感性と多様性を数学的に反映するシステムの創出です。実は、数学と同じくらいファッションも大好き。

大量生産ではない、オリジナルの「好き」を

相澤 守 あなたの「好き」って、どんなもの?——いろいろあるはずなのに、言葉にするのは難しい。そんな人の心の中に存在する「好き」のイメージを、数学とAIの力を借りてデザインしてみようというのが、荒川先生の研究です。

 もっとも、コンピューターが答えを勝手に決め、押し付けるのでは本末転倒。目指したのは、大量生産の「好き」ではなく、誰もがオリジナルの「好き」を見つけられるシステムでした。どのような仕組みか、知りたくはありませんか?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

研究紹介アニメーションの関連記事

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

2021.4.15

金融リテラシー底上げの鍵は、キャッシュレスにあり

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 小早川 周司
「法律を破った人」と、共に生きるということ

2021.3.29

「法律を破った人」と、共に生きるということ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 上野 正雄
不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

2021.3.23

不妊治療の解決は、精子の「ステルス化」から!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 河野 菜摘子
自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

2021.3.18

自分のエネルギーは自分でつくる、無給電自立型電力源

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小椋 厚志
社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

2021.3.15

社会課題に向き合う、金融データサイエンティスト

  • 明治大学 総合数理学部 現象数理学科 教授
  • 乾 孝治

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム