明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

本当の意味で歴史に学ぶために

 いま、集団的自衛権の行使を含んだ安保法案が国会で可決されようとしています(8月21日現在) 。同盟国が攻撃されたとき、それを助けるために武力行使するのは時代の流れであり、だからといってそれが直ちに戦争に結びつくものではないという理屈ですが、仮定の論拠ばかりで、偏った不十分な議論ではないでしょうか。75年前のことをいま一度、思い返してほしいと思います。中国における日本の軍事行動を非難したイギリスやアメリカを日本は敵対国と見なし、ドイツ、イタリアと三国同盟を結び、この同盟国と歩調を合わせるように世界大戦へと突き進んでいった事実を。当時、国際的に孤立した日本が、ドイツ、イタリアと同盟を結ぶことがなければ、イギリスやアメリカを相手に戦争を起こすことはなかったのではないか。同盟国は、時として自国に実力以上のことができる気を起こさせることを、日本はすでに体験しているのです。
 「歴史に学ぶ」とはよくいわれることですが、そのためには、過去の歴史と現在の自分がつながっているということを認識することが重要です。そのためには、自分たちの歴史に興味をもつきっかけが必要でしょう。70年前の戦争の記憶が家族間で継承しづらいのが実情であれば、地域の歴史の中から学ぶことが必要だと考えます。「明治大学平和教育登戸研究所資料館」のように地域の歴史を発掘し、それ故にリアリティをもつ施設は全国にたくさんあります。いまに生きる自分も、歴史の中で生きていることを実感できれば、本当の意味で、歴史に学ぶことができるようになると考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 兼子 歩
集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柳 憲一郎
「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

2018.9.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

  • 明治大学 法学部 教授
  • 山田 道郎
日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

2018.9.12

日本は、女性の政治参画「後進国」から脱却できるか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 木寺 元
ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

2018.9.5

ゲームで一人勝ちは楽しくないことを、実は、みんな知っている

  • 明治大学 野生の科学研究所 所長
  • 中沢 新一

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2018.10.17

「マジョリティ」が創り出す「他者」としてのLGBT?

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

2018.10.03

「年老いていく」日本に対して、アフリカは世界で「一番若い大陸」

2018.09.26

子どもを語学の天才にするために、大人は工夫の天才になろう

2018.09.19

「司法取引」で名前を出されただけで逮捕されることもある

人気記事ランキング

1

2017.03.15

「沖縄振興予算」という呼称が、誤解を招いている

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2017.03.29

「留学生30万人計画」が抱えている将来的課題とは

4

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

5

2018.10.10

集中豪雨を防ぐためには、法整備が必要!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム