明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

本当の意味で歴史に学ぶために

 いま、集団的自衛権の行使を含んだ安保法案が国会で可決されようとしています(8月21日現在) 。同盟国が攻撃されたとき、それを助けるために武力行使するのは時代の流れであり、だからといってそれが直ちに戦争に結びつくものではないという理屈ですが、仮定の論拠ばかりで、偏った不十分な議論ではないでしょうか。75年前のことをいま一度、思い返してほしいと思います。中国における日本の軍事行動を非難したイギリスやアメリカを日本は敵対国と見なし、ドイツ、イタリアと三国同盟を結び、この同盟国と歩調を合わせるように世界大戦へと突き進んでいった事実を。当時、国際的に孤立した日本が、ドイツ、イタリアと同盟を結ぶことがなければ、イギリスやアメリカを相手に戦争を起こすことはなかったのではないか。同盟国は、時として自国に実力以上のことができる気を起こさせることを、日本はすでに体験しているのです。
 「歴史に学ぶ」とはよくいわれることですが、そのためには、過去の歴史と現在の自分がつながっているということを認識することが重要です。そのためには、自分たちの歴史に興味をもつきっかけが必要でしょう。70年前の戦争の記憶が家族間で継承しづらいのが実情であれば、地域の歴史の中から学ぶことが必要だと考えます。「明治大学平和教育登戸研究所資料館」のように地域の歴史を発掘し、それ故にリアリティをもつ施設は全国にたくさんあります。いまに生きる自分も、歴史の中で生きていることを実感できれば、本当の意味で、歴史に学ぶことができるようになると考えています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.12.2

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 辻 昌美
低価格志向と食の安全・安心

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 中嶋 晋作
コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

2020.9.23

コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 野澤 千絵
土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.9.9

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加藤 雅彦
人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.8.5

人口変動と人びとの歴史を結わえること

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 中島 満大

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム