明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

人口減少社会と移民政策 ―多文化共生社会の構築に向けて―

明治大学 国際日本学部 教授 山脇 啓造

世界に開かれた新しい日本をめざして

山脇啓造教授 今後、「多文化共生社会基本法」の制定による社会統合政策の構築は必要不可欠と考えられるが、同時に重要なのは市民が隣人として外国人を受け入れ、多様性を受容することである。企業や大学は、グローバル競争の中で多様性を推進する方向に大きく舵を切っているが、一般社会では均質な社会をよしとする傾向が依然根強い。政府は日本の危機的な人口動態やグローバル化の現状を市民に周知し、日本が持続可能な社会を築くための政策の一つとして、外国人の受け入れを示すことが望まれる。また、小中高校の外国人児童生徒の受け入れ体制整備に加え、児童生徒が留学生など地域の外国人と交流したり、海外生活を体験する機会を増やし、多文化共生教育を推進するなど初等中等教育のグローバル化も必要であろう。世界に開かれた新しい日本をめざして、今後も研究を続けていきたい。

※掲載内容は2014年7月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.12.4

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

  • 明治大学 農学部 教授
  • 中島 春紫
博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 井上 由佳
増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 岡部 卓
増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.9

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 倉地 真太郎
知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.10.2

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 熊谷 健一

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

2019.11.06

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム