明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「性・恋愛・結婚」を日本の社会構造から考える

鹿島 茂 鹿島 茂 明治大学 国際日本学部 教授

最近の少子化にもつながる要因として、セックスレスが取り上げられることがあります。国立社会保障・人口問題研究所の2010年の実地調査によると、18~34歳の未婚者で「性経験がない」と回答した割合は、男性で36.2%、女性で38.7%という結果が出ています。原因は様々ですが、戦後日本の社会構造にも要因がありそうです。

「面倒くさい」だけではないセックスレスの要因

鹿島 茂 近年、セックスレスが問題視されていますが、キーワードのひとつは、「面倒くさい」です。最近の、特に若い世代は面倒くさいことが嫌いです。ところで、セックスに至るための恋愛はもともと面倒くさいものなのです。それを嫌がっていては、セックスレスになるのは当然です。では、性欲はないかというと、そんなことはない。どうするのかといえば、バーチャル・セックスです。わざわざ面倒くさい思いをして生身の人を相手にするより、画像や映像、物に淫する方がラクで楽しいし、手軽で何の責任も派生しない。オタク文化が隆盛し、草食系といわれる男子や、男より仕事に夢中という女性が増えていくわけです。

 しかし、こうした状況は個人の責任ばかりではありません。日本人は恋愛下手だといわれますが、もともと日本には恋愛結婚の習慣がなかったのです。だから、江戸時代には医者などが結婚斡旋を行っていたし、大正、昭和期には「お見合い」を設定してくれる世話焼き者がたくさんいたものです。なぜ、日本には恋愛基盤が形成されなかったのか、それは、日本独特の家族の構造からみることができます。

社会・ライフの関連記事

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.12.1

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

2021.11.24

里山の生物多様性を持続させるために必要なことは

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
税制度の基本は公平感を保つこと

2021.10.27

税制度の基本は公平感を保つこと

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 鈴木 孝直
コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

リレーコラム