明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

南後 由和 南後 由和 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授

日本ならではの「ひとり空間」のあり方

 では、なぜ日本の都市には「ひとり空間」が多く見られるのでしょうか。

 日本は、同調圧力が強い社会と言えます。学校や職場では、集団内の同質性が求められ、ある種の相互監視の状態をつくりがちです。すると、同調圧力が息苦しくなり、そこから逃れたいという欲求も強まります。

 現代では、このことに加え、スマホやソーシャルメディアなどによって相互監視の状態がさらに強まっています。現代は、スマホなどを通して常に誰かとつながっている「常時接続社会」と言えます。

 このような「常時接続社会」のストレスから逃れ、他者との人間関係を切断したいという欲求が、現代人が「ひとり空間」を求める要因のひとつになっていると考えられます。

 つまり、人間には誰かとつながりたい「接続指向」と、ひとりになりたい「切断指向」という相矛盾する欲求が同居しているのです。

 もちろん、こうした接続と切断をめぐる欲求は、日本人特有のものではありません。しかし、日本人には、例えば欧米人と比べて、他人と視線を合わすのが苦手で、他人からどう見られているかを過剰に意識するという傾向が見られます。

 このことは、コロナ禍以前から日本の飲食店などにおいて、他人からの視線を遮るための仕切りが多用された空間が多いことと関係しています。

 カプセルホテルをはじめ、仕切りのある狭小空間がこれだけ浸透した背景には、日本固有の文化の影響もあると考えられます。日本では狭さや小ささが、必ずしも貧しさを意味しないからです。

 例えば、茶室はその典型です。日本人は、狭さや小ささに、繊細な美や精神的な広がりを見出してきました。

 狭小空間に、マットレス、テレビ、アラーム、照明などの多機能の装置が整然と詰め込まれたカプセルホテルにも、このような日本文化に見られる狭小の美学が反映されていると考えることができます。

社会・ライフの関連記事

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

2021.9.8

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

2021.9.1

肥満をなくすことと肥満差別をなくすことは大きく意味が違う

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 碇 陽子
人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

2021.8.27

人は植物と共に生きている、いや、人は植物に生かされている

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友

新着記事

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.14

時空を超えた他者と対話しよう

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

2021.10.07

フランクな交流を通して、人生の視野を広げよう

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

人気記事ランキング

1

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2021.10.13

コロナ禍をきっかけに見えてきた「ひとり空間」の新たなかたち

4

2021.10.06

世界では、インターネットを快適にするための規制が始まっている

5

2014.12.01

【特別号】箱根駅伝優勝を夢見て ―競走部に懸けた20年間の奮闘の軌…

リレーコラム