明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

化石燃料ゼロ、CO2フリーの社会へ ―自然エネルギーによる電力エネルギーネットワークの実現を―

明治大学 総合数理学部 教授 田村 滋

我々は“茹で蛙”ではない

 CO2フリー社会の電力エネルギーネットワークでは、電力貯蔵設備だけでなく風力発電や太陽光発電を出力制御する仕組みも当然必要になってくると思われるが、それは今後の研究課題である。また逆転の発想から、電力の消費側を調整制御することが考えられる。これはすでに研究が進められており、消費者を誘導し電力消費量を削減することや家電品のスイッチを直接制御することなどが実証実験で行われている。このように私の研究は、電力エネルギーネットワークの各要素を最適にすることのみならず、電力エネルギーネットワークを全体として最適にするにはどうすればよいかを研究しており、非常に幅広い。
 地球温暖化はまったなしの課題である。個々の人は生活の便利さとともにCO2排出量が増大していることを意識する必要がある。CO2削減に向けた政策も重要だが、国民一人ひとりが節電を心がけ、自然エネルギー導入に際して参加者意識を持つことも求められるだろう。地球温暖化はビーカーの中の蛙にたとえられる。ビーカーの中が熱湯であれば蛙は飛び出すが、次第に温められる状況下では、蛙は水温の上昇に気付かずにやがて茹で上がって死んでしまう。我々は“茹で蛙”ではないことを、個々人が行動で示す時期に来ている。

※掲載内容は2014年2月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 岡部 卓
増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.9

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 倉地 真太郎
知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.10.2

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 熊谷 健一
自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.9.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 小林 清

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

2019.10.02

知的財産を侵害する模倣品によって被害を受けるのは?

2019.09.25

自治体の予算案に見える、「いま」に応え、「未来」を創る姿勢

2019.09.18

世界遺産に登録された日本の古墳には、世界に誇れる特異性がある

人気記事ランキング

1

2019.10.16

増える、ひとり暮らしの高齢者が楽しい生活をおくるには

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2019.10.09

増税による負担増ばかりではなく、受益増についてみんなで考えよう

5

2019.10.01

#1 少子高齢化による人口減少が問題なのはなぜ?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム