明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

SDGs時代のお墓のあり方とは?

菅野 博貢 菅野 博貢 明治大学 農学部 准教授

お墓に関する知識を増やすことが終活のポイント

菅野 博貢 もともと土葬が中心だったヨーロッパでは、火葬になってからも骨上げのような習慣はなく、遺骨はほとんど遺灰にします。

 そのため、散骨や自然に還るようにすることが多く、お墓に遺骨が埋められていることは少ないため、多様なお墓のスタイルができやすく、循環利用のシステムなども取り入れやすかったのだろうと思います。

 日本でも、散骨や自然に還るスタイルが広まっていますが、ひとつ注意していただきたいのは、お墓や弔いは、故人のためのものですが、残された人たちのためでもあることです。

 例えば、故人の希望通りに散骨にしたものの、その後、参拝する場所がないために虚無感にとらわれて後悔する人がいます。樹木葬にしたものの、樹木は生えていない芝生にステンレスの缶にお骨を入れて埋めるのでは、自然に還るのかと疑問に思う人もいます。

 ビル墓は永代供養を謳っていますが、そもそも建物の耐用年数は50年ほどです。補修費や建て替え費の負担はかかってこないのでしょうか。残った子どもたちに負担をかけたくないという思いで簡素で費用の安いお墓のスタイルを選んでも、それがより良い選択になるとは限りません。

 終活がブームだといいますが、大切なのは、お墓に関する情報も広く取り入れ、知識を増やすことです。

 例えば、遺骨を安く引き取ってくれる寺院があるとマスコミなどでも話題になりましたが、それは、いまに始まったことではありません。総本山を謳う大寺院には、昔からそのような制度があるところが少なくありません。

 また、合祀墓というと、無縁仏のお墓と思われがちですが、巣鴨の「もやいの碑」のように、立派な墓碑が建てられ、夫婦で生前に申し込みをする人も多い合祀墓も各地に増えています。

 本当に自分に合ったお墓のスタイルはどういうものなのか、話題にしにくいかもしれませんが、残される人たちも交えて話し合ってみることが、良い終活になるのではないかと思います。

 最後に、私からのおすすめのスタイルは、手元供養です。遺骨、もしくは遺灰をきれいな壺に入れて自宅で保管するのです。これなら、残された人はいつでも故人を偲ぶことができますし、じっくり考えて、より良い制度を有する、優れたデザインの墓地に巡り合ったときに、はじめてお墓に入ることを考えても遅くはありません。まずは、慌てないことが大切です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

2022.7.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

2022.5.18

原発問題とは、エネルギー問題だけを意味しない

  • 明治大学 法学部 教授
  • 勝田 忠広
木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

2022.5.11

木賃アパートには、未来社会を構築するヒントがある

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 連 勇太朗
サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

2022.4.22

サステイナブルな社会になるために必要な「評価」とは?

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 源 由理子
熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

2022.3.23

熊本県産アサリ、産地偽装問題の一番の被害者は熊本県!?

  • 明治大学 名誉教授(元専門職大学院 法務研究科教授)
  • 高倉 成男

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

3

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

連載記事