明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

あなたが住む家は、あなたを地震から守ってくれますか

明治大学 理工学部 教授 平石 久廣

低層住宅の耐震性は構造の形式によって異なる

 一方、40cmの変形でも致命傷になる低層の住宅は、強度で地震動に抵抗し、変形を防ぐことが効果的です。ところが、いわゆる木造の在来工法は柱と梁が中心で、その間に壁を入れるという構造ですが、それでは強度が十分にとれず、大地震動に対して許容される変形に留めるのは容易ではありません。今年の9月に起きた北海道胆振東部地震でも、潰れた住宅のほとんどは木造在来工法によるものでした。

 では、住宅を強くするにはどうすれば良いか。一例としては、柱ではなく、壁そのもので建物を造ることです。口を閉じた段ボール箱を想像してもらえば、それは縦からの力にも、横からの力にも強いことがわかると思います。これは壁式構造という工法で、木造のツーバイフォー工法や、パネル工法も同じ原理です。

 実は、戦後、耐震・耐火構造の大量供給の必要もあり、我が国のほとんどの集合住宅は鉄筋コンクリート造の壁式構造で建てられました。しかし、開口部や窓が小さくなることなどから、近年では人気が落ち、壁式構造は減少しつつあります。

 また、木造在来の工法でも、壁に筋かいを入れたり、基礎を鉄筋コンクリート造の布基礎にするなどの補強により、住宅を強くすることができるようになってきました。

 もし、ご自宅が、木造在来工法でそうした耐震補強がなされていないのであれば、早めに補強工事を行うことをお勧めします。

 なお、強度で抵抗する低層の建物は、いわば、地震動と力の勝負をしており、いままで勝っていたとしても、それは紙一重だったのかもしれません。住宅の耐震力を高めておくことは、ご自身はもちろん、子孫に家を引き継ぐのであれば、子どもたちの命を守ることにもなるのです。

社会・ライフの関連記事

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.7.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 佐々木 掌子
遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.7.3

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 島田 友裕
人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.6.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 石丸 喜朗
令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

2019.6.12

令和元年にあらためて思う、日本人は元号が好きだ

  • 明治大学 法学部 教授
  • 加藤 徹

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム