明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「忖度する社会」、日本の特有性を理解することが重要

明治大学 政治経済学部長 教授 小西 德應

日本を理解することは、日本の未来図を描くことにつながる

小西 德應 日本の社会構造を正しく理解することは、これからの日本をどんな社会として築いていくのかにもつながります。日本社会が、同じ制度を採る他国と構造も本質も同じと考えていては、ビジョンも政策も間違えてしまいます。その意味では、まず、政治家に本来すべき仕事である、ビジョンの提示をしっかりやってほしいと思います。しかし、日本が強いリーダーを良しとしない社会であること、また日本ではますます政治家の仕事と官僚の仕事が接近していることを考えると、私たち一人ひとりが将来像を描くことも同様に大事です。その上で、みんなで決めていくのです。実は、議会政治も明治以降に取り入れられた制度ですが、日本には、もともと寄り合いという意思決定システムがありました。そこでは、活発な議論などはありません。集まった人たちが、わずかな意見や、互いの態度や表情から忖度して別れ、また数日後集まって、を繰り返す中で結論を出していきました。少数派を無視するような多数決もなかったのです。忖度しながらみんなで決めて納得する、それも日本の社会の特徴だったのです。事の良し悪しではなく、日本社会の実情を正確に把握しないかぎり、有効な対策を立てることはできないのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.12.2

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授
  • 辻 昌美
低価格志向と食の安全・安心

2020.10.21

低価格志向と食の安全・安心

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 中嶋 晋作
コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

2020.9.23

コロナ禍を都市政策の歴史的な転換点に

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 野澤 千絵
土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

2020.9.9

土壌は資源であり、持続的な活用のためには知恵が必要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 加藤 雅彦
人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.8.5

人口変動と人びとの歴史を結わえること

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 中島 満大

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.12.02

脱炭素社会に舵を切った私たちの新しい生活

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム