明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

新都知事にとって、東京オリンピックは絶好の機会

青山 佾 青山 佾 明治大学 ガバナンス研究科 特任教授

東京オリンピックを契機に30年後の都市構想を考える本質的な議論を

青山 佾 猪瀬氏、桝添氏と、都知事のスキャンダルが続きましたが、もう、それを面白がっている場合ではありません。いま、日本に起きている少子高齢化、人口減少、経済の低成長、こうした傾向は、日本が高度成長期から成熟社会に入ったことを示しています。人口の減少も経済の低成長も、社会の高度成長期にはマイナス要因でしたが、これを受け止め、こうした傾向の中でも、生活の豊かさや生活の質の向上を実感する構造を構築する時代に入ったのです。そのためには、いままでの高度成長期とは発想を変えなくてはなりません。2020年の東京オリンピックは、その絶好の機会になると考えています。その理由のひとつが、オリンピック開催国では文化的イベントを展開するというルールがあることです。ヨーロッパやアメリカの大都市をたびたび訪れて感じるのは、東京は生活の利便性やそれを支えるインフラは圧倒的に優れているということです。ところが、一流のコンサートや演劇、アートなどが身近にあり、日常的に気軽に楽しめる都市かというと、その点は未熟に感じます。成熟社会にとって、文化や芸術は重要なファクターです。戦後の復興とそれに続く高度成長期にあった1964年の東京オリンピックでは、新幹線や首都高、環七など、都市機能のインフラが整備されましたが、2020年に向けては、文化、芸術面の充実を図るべきです。前回大会のロンドンでも、前衛なども柔軟に取入れた様々な文化芸術プログラムが数多く実施され、市民や世界各国から訪れた人々を愉しませ、イギリスがお堅いイメージとは違う一面を見せたと評判になりました。東京は、文化イベントをオリンピック期間中のエンターテインメントと捉えるのではなく、今後の成熟社会の都市構想の一環として考えていくことが必要でしょう。

 もうひとつ、東京オリンピックに期待するのは、スポーツがもたらす感動を通して、私たち一般市民が気軽にスポーツを楽しめる環境の整備が進むことです。1964年の東京大会後は、日本中でママさんバレーがブームになりました。いうまでもなく“東洋の魔女”がもたらした影響です。このブームで日本の女性は、スポーツを楽しむということが当たり前になりました。そういう意味で、オリンピックは社会を変える魔力をもっています。それにともなって、スポーツ施設の拡充など市民が気軽にスポーツを楽しむ環境が整備されれば、それは生活の豊かさや生活の質を向上させる一因となるはずです。

 成熟社会を迎え、30年後を構想するとき、東京で開催されるオリンピックを契機として、日本は何を得るべきなのか、日本の社会のどこを変えるべきなのか、こうした論点から考えるのが、オリンピックの本質的な議論だと考えます。新都知事には、都知事本来の責務を見失うことなく、東京オリンピックを契機として30年後の都市構想に向け、強いリーダーシップを発揮することを期待します。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.7.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.6.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

  • 明治大学 法学部 特任教授(2021年3月退任)
  • 森際 康友
違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.6.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 辻 雄一郎
人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.6.9

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小林 稔
再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.6.2

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 浦野 昌一

新着記事

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム