明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

アリに学ぶ持続力と安定性

 アリの行動から、私たちは多くのことを学ぶことができます。例えば、個々の個性、つまり、多様性を活かして、より効率よく様々な作業を稼働させる社会の仕組み。

 また、どこかの部門でなんらかのトラブルが起きても、そのタスクに関する怠け者=待機組や普段は他のタスクに従事している者がすぐに補償し、社会全体にトラブルの影響を及ぼさない安定したアリ社会の仕組みはまさに持続力と安定性にあふれており、それは、いま、人間社会において構築すべきシステムとして注目されています。

 いま、日本では近未来社会の形として、ソサエティ5.0が目指されています。そのためには、集積されたビッグデータを、例えば富岳のようなスーパーコンピュータで集中管理し、ICTやIoTを駆使して個々の機械や機能を効率よく稼働させる方法もあると思います。

 一方で、アリ社会のように、自律的に働く個が集まって様々なタスクへの負荷をしなやかに分散処理する仕組みを解き明かすことができれば、個々の機器に単純な機能や情報処理能力をもたせるだけで、社会全体としてスムーズで効率的な稼働を可能にすることができるかもしれません。

 すると、大規模なインフラ整備などを行う必要もなく、未来社会の実現が近づくかもしれないのです。

 私たちの生き方も、アリに学ぶことができます。

 例えば、ひとつの目標に向けて足並みを揃えるのが日本人の特性のひとつとされ、高度経済成長期などは、その特性が活かされました。

 しかし、人口減少を迎え、むしろ、安定成長や、ひとりひとりの豊かさや幸せが求められる社会では、みんなが同じやり方で一斉に取りかかるようなことは、逆に、非効率ではないでしょうか。

 適材適所で働き、働いたら休み、休んでいてもなにかあれば手を貸し弱点をカバーし合い、全体として安定性と効率性を持続していけるような社会。

 それを、人々それぞれの自己判断において行える社会になれば、それは理想的かもしれません。そのヒントが、アリさん–ここはあえて敬称で呼びました–にあるのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

IT・科学の関連記事

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充
イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

2021.2.17

イノベーションという「パン」は空から降ってくるもの?

  • 明治大学 政治経済学部 教授
  • 末永 啓一郎

新着記事

2021.06.22

同じ志を持つ人との関係を、大切にしよう

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

2021.06.17

受け取った“想い”を、次世代へつないでいこう

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.16

違憲判決を社会に活かすために必要なのは

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2021.06.21

「権利」、「法」、「自由」について、私たちは誤解していないか

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム