明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

横山 大作 横山 大作 明治大学 理工学部 准教授

問題解決のシステム全体をデザインすることが重要

 人を凌駕するコンピュータが、人が予測できないような能力に達するシンギュラリティが起こり、脅威となるという説があります。しかし、私は、そのような脅威論には賛成しません。

 確かに、膨大なデータや可能性を瞬時に調べ上げ、最適な選択をするという作業において、コンピュータは人を完全に凌駕しているし、その機能はさらに進歩するでしょう。

 しかし、将棋AIの開発がそうであったように、ただ、膨大な棋譜を読み込ませても、なにを目指すのか、何が良い状態なのかという方針を与えなければ、AIは学習しません。人が指した手が良い手なのでそれを真似るのだ、という問題を与えたことにより、その解として、強い手を選択するようになったわけです。

 この仕組みは、ゲーム以外のどのようなAIにとっても、基本の仕組みだと思います。

 例えば、経路探索、いわゆるナビで考えてみましょう。すべての路線のダイヤを読み込ませても、それはただのデータベースです。ここに、最短時間のルートで移動するのが良い、という問題設定を与えると、コンピュータはそのような答えを出すようになります。

 しかし、人は最短時間での移動だけを求めるでしょうか?なんとなく人間が「快適」だと感じるような移動を行うには、どうしたらよいでしょう。

 ここで、実際に人が移動した履歴のデータをコンピュータに取り込んでみることにしましょう。すると、例えば、多くの人が最短ルートを外れた駅を使っているデータが現れます。その理由はコンピュータにはわかりません。乗り換えの時に階段の昇り降りがないためかもしれませんし、実はそこには美味しい立ち食いそば屋があるからかもしれません。しかし、「多くの人が選んでいる経路はおそらく快適な移動経路なのだ」と考えることにすると、その履歴から学習を行うことができます。望ましい経路というものを、学習を利用できるような形で問題として定式化することで、AIが力を発揮できる状況を作り出すことができるのです。

 ちなみに、この経路探索AIが見つけた乗り換えルートを、実際に乗り換えしたい人に推薦してみるとしましょう。その人が、推薦ルートを実際に利用したのであれば、それは快適な経路だったことになります。異なる経路で乗り換えたのであれば、AIの選択は良くなかったことになります。AIは、快適なルートという問題に対する解によって報酬を得て、その精度をさらに上げていくことができるわけです。

 さらに、季節によっては、天気がとても良い日は一駅手前で降りて歩く気分になるという人もいるかもしれません。逆に、雨降りの日は駅までバスを利用するという人もいるかもしれません。すると、快適なルートという問題に対して最適な解を選択するためには、気候や天気などの情報を読み込ませ、学習させることも必要になります。

 つまり、AIに何が望ましいかを教えているのは人であり、人がAIに与える問題をどのように捉え、どうやって解かせるか、問題解決のシステム全体をデザインすることが重要になってくるのです。すると、AIを暴走させるのも、暴走させないのも、人の問題ということになります。

IT・科学の関連記事

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

2022.7.15

健康的な長寿のために、新たな機能性物質を見つける

  • 明治大学 農学部 教授
  • 浜本 牧子
数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

2022.7.13

数理モデルは近未来のスマート農業も実現する

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

2022.6.17

アインシュタインはいかにしてアインシュタインになったのか

  • 明治大学 政治経済学部 准教授
  • 稲葉 肇
民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

2022.5.25

民事裁判のIT化は迅速化のためだけではない

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 栁川 鋭士
日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

2022.4.20

日本の折紙が世界にイノベーションを起こす

  • 明治大学 研究・知財戦略機構 研究特別教授
  • 萩原 一郎

新着記事

2022.08.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

3

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

4

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

連載記事