明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

仮想通貨がもたらした新しい通貨間競争

明治大学 商学部 教授 高浜 光信

仮想通貨は現行の金融システムに対するアンチテーゼ

高浜 光信 ドルの影響から脱却し、アメリカに通貨発行特権を享受させないとする、いわば法貨と法貨の争いは、この2008年を契機として、新たな対立を生む潮目となります。それは、世界金融危機に対して、紙幣を増刷して銀行に注入し、救済しようとする各国の中央銀行の施策に対して一般の人々の反感が高まったことです。アメリカでも、FRBやウォール街をぶっ潰せという声が高まりました。つまり、それまでの金融システムに対して、その外部にある大多数の人々が声を上げ、批判を強めたのです。

 まさに、このタイミングに、サトシ・ナカモトなる人物が、第三者機関に頼らず、P2P(ネットワーク上の対等な関係にある端末間を直接つないでデータを交換するシステム)による分散型の通貨システムに関する論文を発表します。いわゆるブロック・チェーンとよばれる仕組みです。この根源には、通貨発行特権を国家や、それを取り巻く金融機関に独占させるべきではない、と考えるリバタリアニズムの思想が流れています。つまり、中央銀行を頂点とする現行の金融システムに対するアンチテーゼが、実際に形づくられるための着想を得たのです。そして、2009年、仮想通貨と呼ばれるビットコインが誕生します。

 当然、ビットコインは決済手段の機能を重視したものでした。例えば、高い手数料や煩雑な手間をかけることなく、高いセキュアレベルのもとで国境も越えた送金や決済を可能にしたのです。その後、人々の期待や注目による価値の高騰ばかりに目が向けられ、価値の貯蔵手段や投機の対象とみなされるようになっていきます。しかし、サトシ・ナカモトやビットコインを立ち上げた人たちにはもっと高邁な思想があったはずで、仮想通貨がただの金融商品となったいまの状況を、彼らが嘆いていることは間違いないと思います。

IT・科学の関連記事

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦
自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.1.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 嵯峨山 茂樹
プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

2018.10.31

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 早川 智一

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム