明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

明治大学 理工学部 准教授 波戸岡 景太

活版印刷が教えてくれること

波戸岡 景太 数年前のことですが、私はこの活版印刷というものの実態を知りたくなり、港の人という出版社を通じて、活版印刷による批評書を出版してみました。それは『ロケットの正午を待っている』というタイトルのハードカバー書籍として刊行されたのですが、本文はすべて金属活字を実際に組んだもので印刷しました。その活版印刷所は雑司が谷にあるのですが、そこで目の当たりにした活版印刷の現場は、想像を超えてたいへんなものでした。植字工と呼ばれる職人さんが、鉛を鋳造した活字を棚からひとつひとつ拾い上げて、そしてページごとに文字列に組んでいくのですが、まずそうした姿を拝見できたことは、デジタル入稿の現場しか知らなかった私にとって衝撃でした。

 次に驚いたのが、そうやって仮印刷されたものの校正作業です。ワープロではなく、職人さん一人一人の手と目によって並べられた文字列は、もちろんありがたみに溢れてはいるのですが、同時に、コンピューターの誤植とは異なったエラーも散見されて、それが校正する私の脳の、いつもとはまったく違ったところを刺激してくれたのです。たとえば、同じ明朝体なのに、よくよく見てみると「言」(ごんべん)のかたちがわずかに違うフォントが混じっているとか、あるいは、文字の上下が逆さまになっているとか。確かに、編集用の校正記号には、そうした上下反転を正すものもあって、校正作業そのものが、職人さんとの身体的な対話をしているようでした。こうした作業を通じて、私は、自分の文章をいつもとは違った視点から眺めることができ、それはやはり、自身の執筆活動の拡充につながりました。

IT・科学の関連記事

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

2019.5.29

AIのタコツボに入るか、AIに指針を示すかは、使うあなた次第

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 横山 大作
AIがビジネスのインフラになる

2019.4.10

AIがビジネスのインフラになる

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 櫻井 義尚
「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

2019.2.20

「フェイクニュース」は「嘘ニュース」のことではない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 大黒 岳彦
自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

2019.1.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 嵯峨山 茂樹
プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

2018.10.31

プログラミング教育が普及するほど、日本のSEは減っていく!?

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 早川 智一

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2019.07.03

遺伝子組み換えが怖いのは、目先の利益で行っていること

2019.06.26

人から、メタボやアレルギー性疾患がなくなる!?

2019.06.19

社会凝集力は偏見も生む。自分をもっと自由に解放してみよう!!

人気記事ランキング

1

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

2

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム