明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

デジタル化された日々に、健全なアナログ志向を持ち込もう

波戸岡 景太 波戸岡 景太 明治大学 大学院 理工学研究科 建築・都市学専攻総合芸術系教授

活版印刷が教えてくれること

波戸岡 景太 数年前のことですが、私はこの活版印刷というものの実態を知りたくなり、港の人という出版社を通じて、活版印刷による批評書を出版してみました。それは『ロケットの正午を待っている』というタイトルのハードカバー書籍として刊行されたのですが、本文はすべて金属活字を実際に組んだもので印刷しました。その活版印刷所は雑司が谷にあるのですが、そこで目の当たりにした活版印刷の現場は、想像を超えてたいへんなものでした。植字工と呼ばれる職人さんが、鉛を鋳造した活字を棚からひとつひとつ拾い上げて、そしてページごとに文字列に組んでいくのですが、まずそうした姿を拝見できたことは、デジタル入稿の現場しか知らなかった私にとって衝撃でした。

 次に驚いたのが、そうやって仮印刷されたものの校正作業です。ワープロではなく、職人さん一人一人の手と目によって並べられた文字列は、もちろんありがたみに溢れてはいるのですが、同時に、コンピューターの誤植とは異なったエラーも散見されて、それが校正する私の脳の、いつもとはまったく違ったところを刺激してくれたのです。たとえば、同じ明朝体なのに、よくよく見てみると「言」(ごんべん)のかたちがわずかに違うフォントが混じっているとか、あるいは、文字の上下が逆さまになっているとか。確かに、編集用の校正記号には、そうした上下反転を正すものもあって、校正作業そのものが、職人さんとの身体的な対話をしているようでした。こうした作業を通じて、私は、自分の文章をいつもとは違った視点から眺めることができ、それはやはり、自身の執筆活動の拡充につながりました。

IT・科学の関連記事

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.8.5

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 矢﨑 友嗣
がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

2021.5.19

がんを分子レベルで早期診断するシステム開発が始まっている

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 石原 康利
先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.3.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 工藤 寛之
デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.3.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 我田 元
ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

2021.2.24

ストレスから救ってくれるのは、老化の主犯の活性酸素!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 安保 充

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム