明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

地球温暖化時代のサステナブルな暮らし方とは ―モンゴル遊牧民に学ぶ―

明治大学 商学部 教授 森永 由紀

「伝統知」から学ぶ

馬乳酒を作るための搾乳の風景 「伝統知」で触れておきたいのが、遊牧民の食文化である。寒冷・乾燥地域であるため農耕は限られ、彼らの伝統的な食生活は冬は肉、夏は乳製品が中心だ。そこで野菜に代わって、ビタミンやミネラルを補うものとして夏場に大量に飲まれているものがある。馬の乳を発酵させて作る「馬乳酒」で、アイラグ、クミスなどと呼ばれる。水分、エネルギー、ビタミンの補給源であり、栄養価の高い“完全食”とされており、赤ん坊から年寄りまで愛飲する。アルコール度数は低く、ほのかな酸味があるさわやかな飲料で、産地ではこれだけで食事の代わりにしてしまう人もいるほど、夏場の主食的存在だ。家庭ごとの味があるのだが、そこには伝えられてきた豊かな菌叢があり、その薬効成分は国内外から注目を集めている。遊牧民にとっては数千年にわたって継承されてきた、食生活における「伝統知」の一つである。
私は年2回、モンゴルを訪れて調査研究を行っているが、滞在している間は、遊牧民と生活を共にさせてもらう。ゲル(伝統的移動式住居)に泊まり、遊牧民と同じものを食べる。太陽電池は普及してきたが、ガス、水道というインフラから隔絶した、都会生活と比すれば不便な生活である。そこでは“手”が最大の道具で、等身大の衣食住が人びとの手作りでまかなわれる様子はまぶしいほどだ。便利さに慣れ、自ら手を動かすことを忘れていた私も、いま一度“手”を意識するようになり、“手間”を省くためにエネルギーを浪費し、ものを使い捨てにしていることに気づかされている。手の持つ力を最大限に使う遊牧民のサステナブルな暮らしの知恵は、温暖化の現代に生きる私たちに新たな示唆を与えてくれるかもしれない。

※掲載内容は2014年8月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

2019.11.27

博物館や美術館には、新たな発見や不思議な出会いが満ちている

2019.11.20

ゲノム編集で不妊症の原因を解き明かす

2019.11.13

音声合成技術によって「人間を超える声」が生まれる!?

人気記事ランキング

1

2019.12.11

医師の労働時間の改善が、より豊かな医療の実現に繋がる!?

2

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

3

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

4

2014.03.01

消費税が抱える問題 ―求められる公正な仕組みの実現―

5

2019.12.04

日本独特の発酵食品をつくる麹菌は日本にしかいない!?

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム