明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

明治大学 経営学部 教授 青木 克生

パラドックスはあることが当たり前と考えることが重要

青木 克生 かつて、日本の「ものづくり」が世界を席巻した時期があり、「日本式」をインストラクトすることが成功のパラダイムであると、身に染みてしまっている企業もあるかもしれません。

 そういう企業ほど、現地の人材の知識や能力を活かすことが重要な課題になっている現在でも、例えば「日本式」の年功序列の概念がネックになっていることに、あえて目を閉ざしてしまう傾向があります。

 まず、そもそもパラドックスがあることが当たり前と考えることです。そこに、絶対的なパラダイムはありません。

 例えば、みんなが一丸となり、ひとつの方向に向かっていると感じたとき、それは一体感のあるとても良い状態と感じられるものですが、逆に言えば、コミュニティが固まってクローズしている状態でもあるかもしれません。

 すなわち、他者に対してオープンさをシャットアウトしているかもしれないのです。それでは、いずれ行き詰まってしまうでしょう。

 だから、ひとつの方向に向かっていると感じた瞬間に、対極にある方向を考えることが、実は、とても重要になります。

 要は、一人ひとりが、普段、自分のやっていることに疑問をもつことです。方向はひとつではなく、多様な形で多様な方向性があります。それに気づくか、気づかないかは大きな違いになります。

 パラドックスを見出して、自分の行動を修正していくことができれば、それは、長期的に見て大きな力になります。

 「日本式」にこだわっていることに気がつかないことも、「日本式」をすべて否定して西洋式になることも、競争優位性を失うことになるのですから。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.9.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 准教授
  • 藤岡 資正
アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.8.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 島田 剛
フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.7.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 川竹 英克

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

人気記事ランキング

1

2020.02.19

人型ロボット、ヒューマノイドが私たちを救う!!

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム