明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

青木 克生
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

青木 克生

明治大学 経営学部 教授

研究分野
経営管理論
研究テーマ
製造業におけるカイゼン活動の国際比較研究、企業間関係とイノベーション、組織学習の理論的研究
主な著書・論文
  • Aoki, K. (In-Press) "The roles of material artifacts in managing the learning-performance paradox: The kaizen case." Academy of Management Journal.
  • Aoki, K. and Wilhelm, M. (2017) “The role of ambidexterity in managing buyer-supplier relationships: The Toyota case”. Organization Science, 28(6), pp.1080-1097.
  • Aoki, K. and Lennerfors, T.T. (2013) “The new, improved keiretsu”. Harvard Business Review, 91(9), pp.109-113.
  • Aoki, K. and Staeblein, T. (2018) “Monozukuri capability and dynamic product variety: An analysis of the design-manufacturing interface at Japanese and German automakers”. Tchnovation, 71-72, pp.33-45
  • Aoki, K., Staeblein, T. and Tomino, T. (2014) “Monozukuri capability to address product variety: A comparison between Japanese and German automotive makers”. International Journal of Production Economics, 147, pp.373-384.
  • Aoki, K., Delbridge, R. and Endo, T., (2014) “‘Japanese human resource management’ in post-bubble Japan”. The International Journal of Human Resource Management, 25(18), pp.2551-2572.
  • Aoki, K. (2008) “Transferring Japanese kaizen activities to overseas plants in China”. International Journal of Operations & Production Management, 28(6), pp.518-539 (Awarded the 2009 Outstanding Paper Prize).

執筆記事

執筆者一覧

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2019.09.04

グローバル化による「組織パラドックス」をマネジメントするには

2019.08.28

アフリカへの協力から日本経済の将来を考える

2019.08.21

地方自治の権限の拡大によって、現代型民主主義は進化する

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

人気記事ランキング

1

2019.09.11

日本企業のアジア進出は、日本人のあり方を見直すきっかけになる

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2017.12.06

ネット依存によって、現代人の脳の構造が変わりつつある!?

4

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

5

2019.04.24

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム