明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

青木 克生
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

青木 克生

明治大学 経営学部 教授

研究分野
経営管理論
研究テーマ
製造業におけるカイゼン活動の国際比較研究、企業間関係とイノベーション、組織学習の理論的研究
主な著書・論文
  • Aoki, K. (In-Press) "The roles of material artifacts in managing the learning-performance paradox: The kaizen case." Academy of Management Journal.
  • Aoki, K. and Wilhelm, M. (2017) “The role of ambidexterity in managing buyer-supplier relationships: The Toyota case”. Organization Science, 28(6), pp.1080-1097.
  • Aoki, K. and Lennerfors, T.T. (2013) “The new, improved keiretsu”. Harvard Business Review, 91(9), pp.109-113.
  • Aoki, K. and Staeblein, T. (2018) “Monozukuri capability and dynamic product variety: An analysis of the design-manufacturing interface at Japanese and German automakers”. Tchnovation, 71-72, pp.33-45
  • Aoki, K., Staeblein, T. and Tomino, T. (2014) “Monozukuri capability to address product variety: A comparison between Japanese and German automotive makers”. International Journal of Production Economics, 147, pp.373-384.
  • Aoki, K., Delbridge, R. and Endo, T., (2014) “‘Japanese human resource management’ in post-bubble Japan”. The International Journal of Human Resource Management, 25(18), pp.2551-2572.
  • Aoki, K. (2008) “Transferring Japanese kaizen activities to overseas plants in China”. International Journal of Operations & Production Management, 28(6), pp.518-539 (Awarded the 2009 Outstanding Paper Prize).

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

2021.03.10

ヨーロッパ型多拠点居住は私たちにとっても魅力的

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

リレーコラム