明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

柿崎 繁 柿崎 繁 明治大学 商学部 教授

日本がアジアの脅威になりつつある!?

塩津 文隆 また、日本の軍拡はもっと大きな問題に発展するかもしれません。そもそも、なぜ、安倍政権はそうまでしてアメリカ一辺倒の政策をとる必要があるのか。もちろん、安全保障上の強力なパートナーとして位置づけていることはありますが、もっと柔軟な思考が必要です。例えば、近年、アジア各国は、アメリカよりも中国との関係を太くしてきています。アメリカに寄り過ぎで中国との関係が悪い日本は、このままではアジアで孤立しかねません。実際、世界で6位ともいわれる軍事力をもち、さらにアメリカ製の高性能な軍事兵器によって軍拡する日本も中国と並んで、アジアの脅威となりつつあるのです。日本は専守防衛といいますが、かつて日本に侵攻された歴史をもつアジア各国には、それは信用されません。よく、「安全保障のジレンマ」といいますが、安全保障のための軍拡であれ、軍拡は軍拡を招くのです。つまり、対抗の繰り返しで、それによって互いに緊張を高めることになるのです。むしろ、戦後の日本は、どういう意味で信頼を得るようになったのか、どういう意味で危険視されているのか、まず、それを日本人自身がしっかり認識することの方が重要です。戦後70年以上、日本に直接的な軍事行動をとらせなかった憲法9条の意味を、平和憲法の精神を考えれば、アメリカ一辺倒の政策の先に、どのような将来ビジョンが描けるのか、私たち自身が問い直すべきなのです。

国際の関連記事

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

2021.11.10

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志
日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 森川 嘉一郎
「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

リレーコラム