明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

アジアの脅威は中国や北朝鮮ではなく、日本!?

柿崎 繁 柿崎 繁 明治大学 商学部 教授

TPP11をきっかけとしてアジア各国との互恵を進めるべき

 アジア各国で仕事をしている商社マンなどは、現地でよく、日本はどうしたいのだ、と聞かれるといいます。アジア各国の人たちにとって、日本は不気味な存在なのです。それは、日本の外交政策に、確固としたビジョンがないからです。日本人自身が、どうしたいのか、わかっていないからです。トランプ政権は、あれだけ罵り、脅威と緊張を煽った北朝鮮に対して、いまでは非核化を約束させ、東アジアに緊張緩和をもたらそうとしています。それは、アメリカにとってアジアは魅力的な巨大市場だからです。すべては、その市場に進出するための戦略であったのに対し、日本は何をしていたと言えるでしょうか。アメリカとマッチングしているつもりで戦略なく軍拡を続け、自らがアジアの脅威となっていくのでは、あまりにお粗末です。

 アメリカが離脱したTPP11が発効するのは、日本にとって考える良い機会となります。日本が一人勝ちしようとするのではなく、アメリカ一辺倒の外交を見直し、アジアとの互恵を考えるチャンスなのです。そのためには、戦後日本の信頼を培ってきた平和憲法をベースに、広い視野でアジア各国と平和的な共存を図ることが重要です。そうしたビジョンの下、平等・互恵の経済的外交や文化的外交を進めるベきでしょう。

 日本国内で暮らしていると、アジアや世界の情勢に無頓着になりがちですが、国民一人ひとりに、日本の置かれている状況や動きに、もっと関心をもってもらいたいと思います。すると、いま、世界で起きている様々な問題を繋げて考える観点が養われていくはずです。トランプ政権が北朝鮮の脅威を煽ったこと、安倍政権もそれに同調したこと、そのトランプ政権が東アジアに緊張緩和をもたらそうとしていること。そうしたことを繋げて考える観点をもてば、ことの本質が見えてくるはずです。すると、現政権に将来ビジョンはあるのか、そのビジョンは、私たちやアジア、世界を幸せにするものなのか。そうした将来ビジョンを描くためには、私たち一人ひとりが関心をもつことこそが重要であることもわかってくるはずです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

国際の関連記事

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

2021.11.10

国宝の金印が偽物、ではないことがわかった

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志
日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

2021.10.20

日本のマンガは、日本の人々を多面的に写し出してきた鏡である

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 森川 嘉一郎
「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

2021.8.18

「フランス語は戦利品」という植民地だったアルジェリアの柔軟さ

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡
日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.7.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

2021.7.7

K-POP世代が日韓相互理解の架け橋になる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

リレーコラム