明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

哲学は現実離れしたもの?

志野 好伸 志野 好伸 明治大学 文学部 教授

哲学をすることは人だけの特権

 ギリシアや中国だけでなく、世界中の各地域で、人の在り方、善く生きることについて考えられてきました。

 それは各地域において閉鎖的に発展するのではなく、他の地域の思想から影響を受けたり、与えたりしながら、その地域の歴史風土と相まって、独自の発展をしているのです。

 自分たちの社会の倫理観を考えること、あるいは別の社会の思想を学んでみることは、その歴史や伝統を考えることにもつながります。つまり、自分たちは何者か、さらに、人とは何者かにつながっていく思考です。

 そうした思考や哲学は、現実社会では役に立ちにくいと思われがちです。確かに、日々、すぐに対処しなければいけない問題があり、与えられた選択肢の中で一つを選ぶことを迫られる社会では、当座にどう対処すべきか、どう選択すべきかというHow toを学ぶ方が実用的です。

 哲学では、例えば、その選択肢が用意されている前提は何かとか、その前提がくずれるのであれば、こういう選択肢も生まれる、というようなことを考えます。これでは、現実に即した機敏な対応が難しいように思われます。

 しかし、このような、現実の物事を一歩引いて考える見方ができると、次の選択のとき、次の問題に対処するときの、引き出しを増やすことにつながっていくかもしれません。

 また、そのようなメリットを期待しながらではなく、日々の生活とは少し離れた世界観の中で物事を考えてみるのは、やはり、純粋に楽しいことではないでしょうか。

 人は、動物のように自然の摂理の中で生きているだけでなく、文化活動や創作活動を行うことによって、人らしく生きていると言えます。その意味では、善く生きるとはどういうことか、を考えるのは、おそらく、人だけの特権です。

 そんな思いで、皆さんも、哲学書を読んでみてはいかがでしょう。最初から原典を読むのは難しければ、概説書からはじめても良いと思います。

 何かためになることを引き出そうとせずに、論語なら論語の世界にまずは埋没してみると、意外な発見があるのではないでしょうか。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

キャリア・教育の関連記事

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.6.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • ヨーク・ジェームズ
理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

2022.5.13

理解度を高めるのは、説明を聞くよりも、説明をすること

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 伊藤 貴昭
地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

2022.4.27

地方公務員の働き方改革は社会改革につながる

  • 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 教授
  • 出雲 明子
都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

2022.4.13

都市農業は、日本農業の実情を知るきっかけになる

  • 明治大学 農学部 教授
  • 岩﨑 泰永
文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

2022.1.26

文学作品には読者の想像力を喚起する仕掛けがある

  • 明治大学 文学部 准教授
  • 能地 克宜

新着記事

2022.07.07

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

4

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

連載記事