明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

志野 好伸
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

志野 好伸

明治大学 文学部 教授

研究分野
中国哲学、中国文学思想
研究テーマ
中国哲学、中国文学
【キーワード】近代中国哲学、唐宋古文運動
主な著書・論文
  • 『何処から何処へ -現象学の異境的展開-』(共著・知泉書館・2021年)
  • 「不可磨滅的儒教:大西祝的儒教観」(『日本倫理観与儒家伝統』・國立臺湾大學出版中心・2017年)
  • 『聖と狂:聖人・真人・狂者』(共著・法政大学出版局・2016年)
  • 「哲学から人生哲学へ――李石岑を導きとして」(『日本中国学会報』65集・2013年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム