明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

これからは内部通報を促す企業が力をつける

柿﨑 環 柿﨑 環 明治大学 法学部 教授

内部通報によって向上するリスク・マネジメント力

 また、従来、通報者に対して、通報により発生した損害について損害賠償の訴えを起こす企業がありましたが、改正法では、保護を受ける公益通報を行った通報者には企業から損害賠償請求を起こせないことが明文化されました。

 今回の法改正によって、公益通報がより容易になり、通報者の保護はより高まります。そうなると、企業は、内部通報を自社に対する裏切り行為のように見なしがちでしたが、そのような意識は変えなくてはならなくなると思います。

 つまり、内部通報であれば、外部に通報される前に、不正や違法行為を、徴候が感じられるような早い段階のうちに自社内で把握し、対処することもできるようになるからです。

 さらに、内部通報体制の構築は、現場からトップへの迅速な情報伝達体制に繋がります。それによって、不正の情報ばかりでなく、現場が感じる違和感や変化をトップがいち早く把握できるようになるでしょう。

 それは、グローバリゼーションの進化や、最近のコロナ禍でも、刻々と変化する企業環境に対して、より速く、より適切な判断を行っていくうえで、非常に重要であり、経営にとっても貴重な体制の整備になります。

 すなわち、今回の法改正は、コンプライアンス経営の在り方を問うものと言えます。

 それは、単なるリスク回避のような考え方だけではなく、プラス、マイナス両方の変化の兆しに迅速に対応する企業経営の在り方であり、それが、今後の企業に求められる本当のリスク・マネジメント力であると考えます。

 最後に、従業員の方々に。

 これは変だと感じても、周りのみんなもやっているとか、先輩からこのようにやるように代々伝えられてきたことだからと、なにも考えずにただ従っていては、むしろ、それが会社に対する裏切りであるという意識改革をしてほしいと思います。

 あなたの疑問を通報することが、現場力を高め、それが企業力の向上に繋がっていくという意識をもつことが大切です。今回の改正法は、そんな意識改革を支援する第一歩になるものと思っています。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.9.2

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴
ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.7.8

ブランド価値の向上が日本企業の課題

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

リレーコラム