明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

前野 義晴 前野 義晴 明治大学 総合数理学部 特任教授

データ分析からアイデアを生むために必要なもの

 では、どうしたら、こうした問題解決のためのアイデアや構想力を生み出せるようになるのか。

 まずは、知識が必要です。医療の問題にたずさわるジョン・スノウには医療の知識がありました。

 同じように、社会の問題、経済の問題など、たずさわる領域の知識をもつこと、あるいは、そうした知識を身につけようという姿勢がないと、アイデアも構想も浮かばないでしょう。

 もちろん、複雑な現代社会では、ひとりで、解決すべき領域のあらゆる知識をもち、さらにデータ分析やアルゴリズムを駆使することは大変です。その領域の専門家と連携することも必要となります。そのときには、コミュニケーション力が重要です。

 例えば、専門家の言葉を理解するには最低限の知識は必要ですし、自分の考えを的確に伝える言葉や表現力を身につけることも大切になるのです。

 すなわち、良いデータサイエンティストであるためには、社会や経済、人に対する興味や関心が重要になるということです。それが自らの行動や経験に繋がり、そこから周囲に対する理解が生まれ、本当の知識や知見になっていきます。

 そこで身についたものは、いわゆる教養と言われるものかもしれませんし、総合力とか人間力と言われるものかもしれません。アイデアや構想を生むインスピレーションはそこから生まれるのです。

 実際、いまの時点では、新しいアルゴリズムを駆使することや分析手法に詳しいことがデータサイエンティストのスキルとして認められていますが、それらの作業は、いずれ、AIが自動でこなすようになるでしょう。つまり、人がやる必要のない作業になると思います。

 だからこそ、そこから先がデータサイエンティストの活躍の場なのです。

 ジョン・スノウの活動から学べることをもうひとつ。データを分析するスケールといったものを自在に操って試行錯誤することです。

 彼は、亡くなった人の情報を精密に調べたり、逆に、細かい情報は切り捨て、井戸と亡くなった人の位置関係だけにフォーカスして調べたりと、ひとつの視点にとどまらず、多様な視点を自由に行き来して考えています。

 このことは、例えば、データや情報を引きで見ると、詳細な部分は省略されて全体像のようなものが見えますし、逆に、寄って見ると、数値だけでは見えない緻密な部分が捉えられるようになります。

 こうした視点を柔軟に行き来することで、新たな発想が浮かんだり、関係がないと思っていたりした事柄が繋がって見えることも起きてくるのだと思います。

 実際、データを見るスケールを変えられるようなコンピュータソフトはすでにあります。つまり、道具としてはあるので、それを有効に使いこなすことも、その人の教養や総合力にかかってきます。

 亡くなった人の位置を地図に落とし込むという分析手法は、ジョン・スノウ以前からあったと思います。しかし、亡くなった人と井戸の位置関係を知るために地図を使いこなしたのは、ジョン・スノウが最初だったのです。

 新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックで、アメリカでは10万人を越える死者が出ました。大変不幸なことです。でも、その数値から、どれほどの不幸がアメリカ社会に起こったのか、私たちは想像することができるでしょうか。

 5月24日、ニューヨークタイムズは、亡くなった人、ひとりひとりについて、その生き方や、社会にどんな貢献をしていたのか、周りの人たちにどんな影響を与えていたのか、などを丹念に調べて短く紹介していく記事を掲載しました。

 社会が失ったものはなんだったのか。10万という数値だけでは見えないリアリティを私たちに示したこの記事の試みは、170年前のジョン・スノウの活動とともに、データサイエンスのあり方を示しているように思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

2021.7.9

貿易金融がなければ、リスクに満ちた貿易が発展することはなかった

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

2021.6.25

企業会計を変えれば、日本に新たな社会インフラが構築される

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 山口 不二夫
ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム