明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

前野 義晴 前野 義晴 明治大学 総合数理学部 特任教授

データを分析しただけでは得られない結果がある

 この10年、ICTの発展が、巨大な高精度データと高速の計算アルゴリズムをもたらしました。これらは、ビジネスのあらゆる場面でデータサイエンスが興隆する原動力となっています。

 例えば、ネット通販の商品推薦やコンビニの売り上げ予測などは、データとアルゴリズムが支えています。

 しかし、社会経済の問題を解くことは、これらのビジネス応用とは少し異なります。必ずしも、問題を類型化して上手く解けるとは限らないのです。

 個別性の高い、新しい問題では、これまでのデータから学習した共通の構造にアルゴリズムを当てはめても解けません。

 では、どうすれば良いのか。データとアルゴリズムを駆使する機能はもちろん、現実のリアリティを深く鋭く読み解くデータサイエンスが必要なのです。

 ジョン・スノウが、市内の死者数のデータから、今後、さらに死者は増えるだろうとか、当時信じられていたように、病気とは空気感染するのだから、住民の外出を規制しよう、という分析だけで終わっていたら、いま、目の前で起きているまったく新しい病気の感染の要因が、井戸の水であることにはたどり着けなかったでしょう。

 当然、感染対策、つまり、問題の解決にも至らなかったと思います。

 なぜ、彼にはそれができたのか。医師であった彼には医学の知識や、患者を診察する多くの経験とそこから得られる知見があり、リアリティに迫る行動力がありました。

 つまり、それらは、現代のデータサイエンティストにも求められるスキルセットであると思います。

 すなわち、データを1回分析しただけで結果が得られたと思うのではなく、なぜそうなるのか、なぜこうなるのか、と考えを繰り返し、突きつめ、そこから仮説が見えてくれば、今度は、それが成り立つのかを調べるためのデータ分析を行ったり、新たなデータを集めたり、といった活動です。

 こうした活動によって、はじめて新たな問題解決に近づけると思います。つまり、重要なのは、データ分析後の「なぜ」であり、そこからどのような仮説を立てられるのか、というサイエンスとは矛盾するような、アイデアや構想力なのです。

ビジネスの関連記事

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.7.8

ブランド価値の向上が日本企業の課題

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

新着記事

2021.04.14

先住民族が滅びる民というなら、先に滅びるのはきっと私たち

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えてくる

2021.03.31

先端医療に貢献するものづくりは、汗の結晶!?

2021.03.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.03.17

デジタル機器に欠かせない透明導電膜の作製技術を自然界に学ぶ

人気記事ランキング

1

2020.12.16

農村には「なにか」ある

2

2019.03.27

高校で必修となる「地理」は、もう暗記教科ではない楽しさがある

3

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

4

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

5

2021.04.07

地球の姿とその進化を知ると、人類の進むべき方向がよりよく見えて…

リレーコラム