明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「経営を見える化」する力が「ビジネス」を変える

青沼 君明 青沼 君明 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

企業が重視するデータの活用

 IoTやAIといったデジタル化の流れに対応するための基本は、データによっていかに「経営を見える化」するかということです。企業や商品と顧客の関係、リスクとリターンのバランスなど、具体的な数値として客観的な比較分析ができることが求められています。そしてそれは社内戦略だけでなく、対顧客に対してもデータを用いた提案力が求められています。

 このとき、統計の値や分析の結果などを示すだけでは、それは、集めた情報を、ただ、数字の羅列で見せることに過ぎません。ここで大切なのは、それを社内や顧客のニーズに応じて読み解いた数値として「見える化」し、それを基に提案することなのです。

 最近では、こうしたスキルを持った人材を「データ・サイエンティスト」と称し、人材評価の柱の1つにまでなってきています。また、スキルの評価ポイントとして、「AIへの対応」、「リスク・マネジメント」、「フォワード・ルッキング」というようなものも重要視されています。

 ここで、AIの利用について考えてみます。確かにAIは、人では処理することができないほどの膨大なデータや、人には無関係に思われる分野のデータを関連づけて、迅速にデータの特性を分析することができます。しかし、その分析結果を判断し、利用するのは、あくまでも人なのです。

 例えば、AIに人物に関する様々なデータを取り込むことで、成績の良い営業マンの特徴などを分析することができます。しかし、その分析結果からなにを読み取り、企業としてどのような行動を起こすべきなのかを判断するのはあくまでも人の仕事なのです。

 人事部の人であれば、どのようなテーマを研修に取り入れれば営業マンたちが伸びるのかを考えるでしょう。その結果を、またAIに分析させることを繰り返していけば、研修をさらに有効なものとして発展させていくこともできます。

 AIを有効に活用することが、「AIへの対応」なのです。

 企業経営には、常にリスクがあります。そのリスクは、取引相手先の倒産や、為替や原材料コストの変動など、様々です。

 それらのリスクを洗い出し、リスクごとに起きる可能性や頻度、起きたときの損失や影響を予測し、どのような備えをすることが最も有効なのかを考えるのが「リスク・マネジメント」であり、将来のビジネス環境を予測し、それに事前に対応する考え方が「フォワード・ルッキング」です。

 グローバリゼーションが進むビジネスの世界では、リスクのファクターを洗い出すためにはマクロ経済、世界の経済状態の知識が必要ですし、同じファクターでも、企業によってリスクの度合いが異なることを考えなくてはいけません。

 また、データを必要な読み取り方に応じてわかりやすいグラフなどに加工する力も「見える化」に重要なスキルです。それによって、そのデータからの必要な読み取りを多くの人と共有することができるようになります。

ビジネスの関連記事

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

2021.5.14

ネットの店舗化、店舗のメディア化が始まっている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 菊池 一夫
農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

2021.3.24

農作物の被害を減らす最新技術は植物自体から学んだもの

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 大里 修一
エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環

新着記事

2021.06.10

今日の経験を、未来の自分に活かす生き方をしよう

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

2021.06.03

「信念×柔軟性」で、新しい未来を創造しよう

2021.06.02

再生可能エネルギーを当たり前にするために必要なこと

2021.06.01

先人の功績は生み出された“過程”にも注目しよう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.06.09

人と機械の関わり方から、人と人のコミュニケーションを考える

3

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

リレーコラム