明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

明治大学 経営学部 専任講師 鷲見 淳

グローカリゼーションは私たちの日常にも当てはめられる

鷲見 淳 誤解を避けるために明確にしておきますが、グローバルレベルでの共通化や水準化の重要性の増大は、今日の企業の国際経営に特徴的に見られます。しかし、決してローカルとしての現地化の重要性がなくなってきていることではありません。

 むしろ、グローバル化を推進しようとすれば、ローカルは決定的に重要なのです。もちろん、完全現地化すれば良いというわけではありません。

 しかし、グローバルレベルの、いわゆるモダン・トレードがその国の市場を席巻することはあり得ないと思います。

 どこの国や地域にも、日本にも、トラディショナル・トレードはあり、そうした伝統的な市場(いちば)は、そこの文化に根ざしており、簡単になくなることはありません。

 重要なのは、こうした地域の多様性を伝統的な文化のレベルから捉え、そこからアイデアを生むことです。

 こうしたグローカリゼーションの考え方は、企業の国際経営に限ったことではなく、私たちの日常にも十分当てはめて考えることができます。

 例えば、関東と関西、あるいは、都市と地方にも地域的な文化の違いがあります。そこで、自分の「常識」だけでものごとを進めることはとても難しいでしょう。

 まず、多様性を考えること、そこからバランスの良い対応を見出すこと。こうしたグローカリゼーションの考え方は、とても実用性のある考え方だと思います。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 藤栄 剛
既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

2020.10.14

既存設備の上手なシェアリングから新たなシステムが生まれる

  • 明治大学 商学部 教授
  • 町田 一兵
これからは内部通報を促す企業が力をつける

2020.9.16

これからは内部通報を促す企業が力をつける

  • 明治大学 法学部 教授
  • 柿﨑 環
データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

2020.9.2

データサイエンティストにとって、データ分析は結論ではない

  • 明治大学 総合数理学部 特任教授
  • 前野 義晴
ブランド価値の向上が日本企業の課題

2020.7.8

ブランド価値の向上が日本企業の課題

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

2020.11.18

脳の活動を可視化することで、人は新たな自分に変われる

2020.11.11

アメリカ・ファーストでは、国際経済の新たな秩序づくりはできない

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2020.10.28

アフリカ独特のユルさが、アフリカらしい発展の鍵となる

人気記事ランキング

1

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

4

2020.11.25

エビデンスに基づく取り組みは、自然相手の農業にも重要

5

2020.03.18

幻想的に光る「夜光雲」が地球温暖化のメカニズムを解く

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム