明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

明治大学 経営学部 教授 佐々木 聡

多様な経験からアントルプルヌールシップを育む

佐々木 聡 近年、有能な企業家の条件として、アントルプルヌールシップが注目されています。アントルプルヌールシップ、すなわち企業家資質とは、一言で言えば、イノベーションを起こす人間的な要素ということです。

 その意味で、渋沢は、まさにアントルプルヌールシップに満ちた人物だったと言えます。

 また、渋沢に限らず、企業を長寿化させ、大企業化させた経営者たちを研究すると、みな、優れたアントルプルヌールシップの持ち主であることがわかります。

 では、どうすれば、アントルプルヌールシップを育むことができるのか。

 実は、その答えはありません。それは、個々人によってアントルプルヌールシップの育み方は異なるからです。

 ただ、優秀な多くの経営者を研究していると、そこに共通項があることがわかります。

 ひとつは、多様な経験をすることです。

 例えば、渋沢は、激動の時代の中で、名家の息子→倒幕の志士→勤王派の家臣→幕臣→渡欧→倒幕によって浪人→地方で商社設立、成功→倒幕した新政府で働く→下野→銀行の設立→500以上の会社の設立に関わる、と多様な立場、多様な仕事に就きます。

 そのなかには、自らの意志で選択したものではないこともあります。しかし、与えられた機会を逸することなく、それを活かし、経験にしていきます。こうした多様な経験は、多かれ少なかれ、歴史に残るような経営者には共通してあります。

 むしろ、決まったやり方で、無駄のない過ごし方をしてきた人は、経営者として失敗することが多いのです。

 多様な経験に、素直に驚きや喜びを感じ、そこに「なぜ」を見出し、理解しようとしていくことが、大きな成長に繋がります。そのとき、周りの人の話や助言に耳を傾けること、素直に聞けることが成長を早めます。

 それが、人と人の結びつきを重視することにつながり、今度は、人を育てようという思いにも繋がっていきます。

 その、多様なひとつひとつの経験は人それぞれです。こうした経験をすれば、こうなるというマニュアルはありません。

 ひとつひとつの経験のなかで、素直に疑問をもち問題を発見し、素直に人の意見を聞きながら素直に洞察を深めることで本質をとらえる。そのことを積み重ね、人との創造的な「共力」のあり方を模索することで、企業家資質であるアントルプルヌールシップを育むのです。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

ビジネスの関連記事

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

2019.12.18

グローバルとローカルの出会いを幸せにするグローカリゼーション

  • 明治大学 経営学部 専任講師
  • 鷲見 淳
SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

2019.11.6

SDGsは、企業の社会における存在意義を問うもの

  • 明治大学 経営学部 特任教授
  • 関 正雄
株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

2019.2.27

株式投資は「愛ある金融」に変わり始めている

  • 明治大学 商学部 教授
  • 三和 裕美子
パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

2018.11.28

パリ・コレに見る、「一流ブランド」の真価

  • 明治大学 商学部 特任講師
  • 東野 香代子
日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

2018.4.25

日本の企業は“内なるグローバル化”によって生き残る

  • 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授
  • 首藤 明敏

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

新聞広告連動企画

新着記事

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

2020.01.29

美術品の価格が分かると、国の文化度が上がる!?

2020.01.22

軽い!強い!錆びない!次世代構造材CFRPの用途を広げる

2020.01.15

自殺未遂者の再度の自殺を防ぐ有効な支援プログラムがある

人気記事ランキング

1

2020.02.12

「自己責任」を押しつける社会に多様性はあるのか

2

2019.01.16

自動作曲システム「Orpheus」は将来の芸術分野のひとつになる

3

2020.02.05

運動は身体だけでなく頭の健康寿命ものばす

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム