明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

尊敬できる人を見つけ、人生の指標にしよう

菊池 浩明 菊池 浩明 明治大学 総合数理学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【76】

私が一番影響を受けたのは大学時代の恩師、向殿政男さんです。安全学のエキスパートとして、世界的な功績も多数残しておられる立派な先生です。

研究者としてはもちろんですが、人となりも本当に素敵な方で。私も今、先生と同じように明治大学の教壇に立たせていただいてますが、実は先生の真似をしていることが3つあるのです。

1つ目は、学生のことを呼び捨てにしないこと。先生は今でも私のことを「菊池君」と呼んでくださいますが、当時から我々学生一人一人を対等に扱ってくださいました。

生徒を叱りつけるということもなく、研究室ではどんなテーマを持って来ても「おもしろいね」と、そこから伸ばそうとしてくださる姿がとても印象的でした。

2つ目は、移動はなるべくエレベーターを使わず階段を使うこと。当時のエレベーターは遅いし混むので、先生は2階の教室と7階の教授室への往復などでも階段を使っておられました。

何事もすぐに行動に移される向殿先生らしいエピソードであり、健康にも良いので、私も倣って階段を使うようにしているのですが・・・授業の始めに、はぁはぁと息切れしていることもしばしばです。

3つ目は、頼まれたことは断らないようにすること。先生はよくご自分のことを“ノーのない男”と冗談を仰っていましたが、ご自身を頼って来た相手には「NO」を出されないのです。

だから私もなるべく、たとえ専門外の案件であっても、依頼には応えるようにしています。苦労もありますし、引き受けてから後悔することもありますが、やはりその分得るものも多いので。

先生は、ああしないさい、こうしなさいとほとんど仰いませんでした。でも、この3つ以外にもふとした時に、これも向殿先生の影響だな、と思うことがしばしばあります。

それから、様々な場面で先生ならこんな風にはなさらないだろうな、失敗しちゃったな、と反省することもあるのです。

社会で働く皆さんも上司や先輩、同僚との出会いはぜひ大切にしてください。私にとって向殿先生がそうであるように、尊敬できる人の行動や姿勢、考え方はきっと人生の目標や指標になりますから。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.2.2

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 光永 威彦
ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

2023.1.26

ひとつの組織の中で満足せず、他流試合で成長を

  • 明治大学 理工学部 専任講師
  • 新山 龍馬
皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

2023.1.19

皆が共に生きられる、多様性のある社会を築こう

  • 明治大学 法学部 教授
  • 田中 ひかる
想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

2023.1.12

想像力を仕事のモチベーションに繋げよう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 大槻 晴海
無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

2022.12.22

無限にある書物の中から人生のワクワクを見つけよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 松下 浩幸

新着記事

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

2023.02.02

叱られるのも悪くない、と思った研究室時代

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

2023.01.31

体内時計が教えてくれるアラーム

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2023.01.27

日本ではありえない、 スウェーデンでは当たり前のこと

3

2023.02.03

民主主義体制の下、英国王室が存続する理由は?

4

2023.02.01

建物の水からカーボンニュートラルを考える

5

2018.11.06

#2 日本政府の借金はなぜこんなに膨らんだの?

連載記事