明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

女性も夢を諦めず、一歩ずつ前向きに取り組もう

戸田 安香 戸田 安香 明治大学 農学部 特任講師

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【63】

私が影響を受けた方々は、気づけば女性の方々ばかりでした。

一人目は歌人の与謝野晶子です。きっかけは小学生の時、課題発表のために読んだ伝記でした。

働く女性がまだ珍しかった時代、母として、妻として、経済的にも家族を支え、強くたくましく生きる姿に圧倒されたのです。たくさん読んだ伝記の中でも一番の衝撃でした。

読んだ時は彼女のような生き方に憧れていたわけではありません。しかし働く今、経済的に自立し、能力を糧に生きるたくましさは、同じ女性として目指していきたいところです。

次に影響を受けたのは、義母から贈られた本『私の科学者ライフ‐猿橋賞受賞者からのメッセージ』に載っていた女性研究者の方々です。

猿橋賞とは、自然科学の分野で優れた研究業績を収めた女性科学者に贈られる賞のこと。本の中では先生方の研究内容はもちろん、女性ならではの苦労話も紹介されていました。それが私に重なる部分もあり、とても励まされました。

その一方で、先生方との間にギャップを感じたのも事実。私自身、2018年に農芸化学若手女性研究者賞をいただきましたが、猿橋賞を受賞された先生方には遠く及びません。少しでも近づくことが今の目標になっています。

三人目は、共同研究者でマックスプランク鳥類研究所所属のMaude Baldwin博士です。2012年にスウェーデンの学会会場で出会って以来、良き研究パートナーであり、大切な友人でもあります。

一緒にハチドリやヒヨドリの味覚センサーについて研究を重ね、その成果が科学誌「Science」に2度掲載。1報目と2報目の間に、お互い出産・育児を経験しました。

私は女性であることにデメリットを感じていませんが、彼女は元々、研究と子育ては両立できないという考え方の持ち主。しかし、私が両立しているのを見てやれると思ったそうです。研究に打ち込めない時も助け合える関係性を築けたのは幸運でした。

かつては女性だから研究が続けられないという先生方もたくさんいらっしゃいました。今でこそ女性のための制度も増えていますが、こうして私が研究を続けられるのも先輩方の努力の賜物です。

これからは女性であることが働くうえでメリットになることも増えていくのではないでしょうか。皆さんもやりたいことを諦めず、一歩ずつ前に進んでいってください。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.8.9

自分を活かせるライフワークを見つけよう

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.7.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
信念を貫くことにも自覚的であろう

2022.7.21

信念を貫くことにも自覚的であろう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

2022.7.14

目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.7.7

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

連載記事