明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

常識にとらわれず、もっと自由に発想しよう

深澤 倫子 深澤 倫子 明治大学 理工学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【43】

私が人生で影響を受けた研究者は、物理学者の寺田寅彦先生です。さかのぼりますが、私の恩師である前晋爾先生、その師匠である中谷宇吉郎先生の師にあたる方です。

寺田先生は夏目漱石の友人で、小説『吾輩は猫である』に登場する物理学者・水島寒月のモデルとしても知られています。

研究者としての寺田先生は、日本におけるX線結晶学の先駆者として知られていますが、実は高分子の物性研究を世界に先駆けて行った科学者でもあります。

また、地震や気象などの自然現象にも関心を持ち、物理学を応用した多岐に渡る研究で多くの功績を残しました。

物理を学んできた私がいま応用化学科にいるのも、物理の視点を実際の生活に応用できたら、という想いから。

“常識にとらわれない”自由な発想で様々な研究に取り組んだ寺田先生の信念が、弟子である中谷先生、前先生を通して、私にも受け継がれているのだと思います。

こうした“常識にとらわれない”発想を持つことは、若い頃は比較的簡単です。しかし年齢を重ねると知識が邪魔をして難しくなることも。一方で、若い時には大胆な発想が生まれても実は知識が足りなかっただけ、ということもあります。

年齢や分野に関わらず“常識にとらわれない”自由な発想を生み出すためには、他者の考えを理解しようとする謙虚な姿勢と、多くの情報に圧倒されることなく冷静に分析し、まだ誰も気づいていない新たな緒を見つけようとする柔軟な思考が大切です。

これは何も研究だけに限りません。日常生活で行き詰まったときには、発想を転換したり、見方を変えたり。“常識にとらわれない”自由な発想が助けになるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.2

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 西 剛広
考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
広く深く教養を身につけ、人間力を高めよう

2021.11.22

広く深く教養を身につけ、人間力を高めよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小林 正人
相手に合わせた指導方法で、可能性を引き出そう

2021.11.11

相手に合わせた指導方法で、可能性を引き出そう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

リレーコラム