明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

新しいことに挑戦し、自分のスタイルを確立しよう

太田 勝造 太田 勝造 明治大学 法学部 教授

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【38】

これまでに影響を受けた先達は非常に多く、どの方も「私の今」につながっています。

研究者の道に進む出発点となったのは東京大学・名誉教授で法哲学の碧海(あおみ)純一先生です。

私はもともと理科一類でノーベル賞やフィールズ賞を取りたいと学んでいましたが、大学3年になるとき法学部に文転しました。すべての学びが新鮮な中、法哲学に科学哲学を取り入れた碧海先生の講義は、法学への関心を高めるきっかけになったのです。

講義の中では、数学基礎論を構築した数学者・論理学者でノーベル文学賞受賞のバートランド・ラッセル、科学哲学者のカール・ポパーに触れ、連鎖的に興味・関心が広がっていきました。

また、大学院での指導教授だった東京大学・名誉教授の新堂幸司先生も大きな影響を受けたひとりです。

新堂先生は民事訴訟法が専門ですが、私がトーマス・ベイズ牧師に由来する統計的意思決定論を用いて修士論文を執筆したため、先生が確率論を一から学び直して下さったことは今でもとても印象に残っています。

さらに、進化論が現在ではAIにまで活用されているチャールズ・ダーウィン、ゲーム論の基礎を固めてノーベル経済学賞に輝き、映画『ビューティフル・マインド』のモデルになったジョン・ナッシュ、囚人のジレンマの解決研究を行ったロバート・アクセルロッドなど、世界の偉大な研究者から大いに刺激を受け、結果的に理系の発想を法学に取り入れたスタイルを確立しました。

そもそも学びにおいて、文理で区別すること自体が大きな間違いです。垣根を超えて果敢にチャレンジすることが、学生にも社会人にも大切ではないでしょうか。

勉強が何の役に立つか分からない、というよくある疑問自体もナンセンスの極致です。役に立つものや価値が、石ころのように近くに転がっているのではありません。何事であれ、あなたがそれを“どう役に立てることができるか”こそがあなたの存在価値である、という発想を持つべきで、価値とは自分で創っていくものなのです。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.8.9

自分を活かせるライフワークを見つけよう

  • 明治大学 専門職大学院 会計専門職研究科 教授
  • 小松 義明
自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.7.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 教授
  • 須田 努
信念を貫くことにも自覚的であろう

2022.7.21

信念を貫くことにも自覚的であろう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 伊藤 愉
目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

2022.7.14

目標とする方のスキルを吸収し、飛躍につなげよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 中村 和幸
属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

2022.7.7

属する組織の始まりに思いを馳せてみよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 石津 寿恵

新着記事

2022.08.09

自分を活かせるライフワークを見つけよう

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランディングの重要性

2022.07.28

自由に取り組んで、自ら学ぶ力を得よう

2022.07.27

幕末のパンデミックを日本人はどう乗り越えたのか

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2022.08.05

KAMの導入によって企業と環境変化が理解できる

3

2022.08.01

ボルボ・カー・ジャパンのトップと語る 自動車業界の未来とブランデ…

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.12.15

使い捨て文化にはない豊かさがある、日本の漆器の文化

連載記事