明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

太田 勝造
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

太田 勝造

明治大学 法学部 教授

研究分野
法社会学、法と経済学、法と交渉、法と統計学、AIと法、ニューロ・ロー、民事紛争解決論
研究テーマ
AI支援裁判システムの研究、交渉およびADRによる紛争解決、脳科学によるリーガル・マインド研究、弁護士論、社会規範論など
【キーワード】AI、経験的社会科学、経済分析、統計分析
主な著書・論文
  • 『AI時代の法学入門:学際的アプローチ』(編著・弘文堂・2020年)
  • 『法の経験的社会科学の確立に向けて:村山眞維先生古稀祝賀』(共編著・信山社・2019年)
  • 『21世紀民事法学の挑戦:加藤雅信先生古稀記念(上)(下)』(共編著・信山社・2018年)
  • 『和解は未来を創る:草野芳郎先生古稀記念』(共編著・信山社・2018年)
  • 「認知症高齢者への介護行動と法的判断:要介護者の遺族の評価と態度への影響」(『法と実務』14号243-286頁・2018年)
  • 「社会科学方法論としてのベイズ推定:帰無仮説反証から研究仮説検証へ」(『法と社会研究』3号25-46頁・2017年)
  • 『日本人から見た裁判員制度』(共編著・勁草書房・2015年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

2022.07.04

スマート社会の実現を私たちも考えよう

2022.06.28

コミュニケーションを第一に、家族を大切にしよう

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

2022.06.21

地道でも “源”から、理解するようにしよう

人気記事ランキング

1

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.07.06

補助金を巡る意識改革が必要

4

2022.06.22

ゲームのスキルは、その子の「資本」になる

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

連載記事