明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

相手を信頼してまかせられるような関係性を作ろう

碇 陽子 碇 陽子 明治大学 政治経済学部 専任講師

歴史に名を残す偉人から、カリスマ性のある著名人、その道を究めた学者まで。明治大学・教授陣に影響を与えた人物を通して、人生やビジネスに新たな視点をお届けします。

教授陣によるリレーコラム/人生で影響を受けた人物【33】

私が影響を受けたのは、大学院の指導教官であった船曳建夫先生(元東京大学 大学院教授)です。

先生のもとで学んでいた当時、アメリカの肥満についての人類学的研究はほとんど誰もやっていない領域でした。

博士論文の執筆中は常に不安と闘っていましたが、そんな私に対して先生は、「ああしなさい」「こうしたらどうなの」と細かく指示することなく、ずっと見守っていらっしゃったのです。

そして、私が収集したデータを持ち帰り、ようやく考えをまとめて先生に伝えられるようになると、親身になって論文の完成まで一緒に伴走してくださいました。

先生の指導の中で特に印象的だったのは、「数年後に研究が進んで新たなことが明らかになるとしても、今の時点で私たちはこれを正しいと思って描くんだ」と励ましてくださったこと。

「あなた」ではなく、「私たち」という言葉が胸に響き、心強さとともに、指導教官としての懐の深さを感じました。

また、真摯にデータを集め、自分が見た世界をいきいきと描くことこそが、文化人類学の研究には必要なのだということも教えてもらいました。

いまは私自身も指導する立場になりましたが、学生のことを待つことができず、つい「こうしなさい」と口出ししてしまうことがあります。

船曳先生がなさったように、“相手のことを自立した大人として尊重し、信頼してまかせてみる”。

学問の分野に限らず、ビジネスの世界でも、相手の成長を促すために大切なことではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.9.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 水野 誠
人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.9.9

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任准教授
  • 宮川 渉
哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

2021.9.7

哲学の世界観に触れ、発想の引き出しを増やそう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 志野 好伸
“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

2021.8.31

“好き”の理由を再認識して、新発見に繋げよう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 川上 直人
世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

2021.8.19

世界の文学や言語に触れて自分の視野を広げよう

  • 明治大学 国際日本学部 准教授
  • 鵜戸 聡

新着記事

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

2021.09.16

挑戦することで自らも社会も“進化”させよう

2021.09.15

プロ野球の熱狂は人になにをもたらすのか

2021.09.09

人生を通して、夢中になるものを見つけよう

2021.09.08

音楽が魅力的で面白いのは、音楽は複数形だから

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.09.22

考古学の新たなロマンを生み出す数理科学

3

2019.10.23

渋沢栄一に学ぶ、多様な立場、多様な経験を活かす生き方

4

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

リレーコラム