明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

正しい情報を深掘りし、考え方を広げていこう

辻 昌美 辻 昌美 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 特任教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【71】

私は、環境ガバナンスを専門にしているのですが、研究のヒントは国際機関や政府が出版する各種白書・報告書や、国連総会、国連環境総会などで採択される文書から得ています。

これらは専門家が確認したエビデンスに基づく情報であり、環境問題に関する国際的な認識を掴むことができるからです。

確かな情報を得たら、さらにそれを深掘りするようにしています。

例えば、環境省発表の「環境白書」では、官公庁だけでなく、民間企業や団体、学校など、幅広い組織の環境への取り組みが紹介されています。

紹介されている事例はそれ自身、大切な情報源であるとともに、関係者に直接コンタクトを取って、詳しく話を聞き、研究を深めていくこともできます。

研究者でなくても、サステナビリティ経営が注目されている今、国内外の取り組みを広く知ることは、ビジネスのヒントとなるかもしれません。

多くの公的文書はインターネット上でダウンロードできますし、英文のものでも翻訳ソフトを使えば大まかな内容は掴めるので、活用してはいかがでしょう。

「こういったところに何か情報があるのではないか」と糸口さえ掴めれば、芋づる式に知識は入ってきます。

確かな情報を深掘りしていくと考え方が広がり、新しいアイデアも生まれやすくなるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

2021.7.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美
恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

2021.7.1

恩師の教えが今こそ、新たな“気付き”に繋がる

  • 明治大学 文学部 教授
  • 荒又 美陽

新着記事

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.07.14

パンデミックを人類史と政治から見ると、見えてくるのは…

2021.07.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2020.06.10

書店が本の価格を決めたら、本はもっと売れる!?

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

リレーコラム