明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

明治大学 経営学部 教授 原田 将

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【51】

私はグローバル・ブランド管理について研究しているのですが、現場主義をモットーにしています。

そのため常に企業の担当者と意見交換をするように努めるなど、現場で問題になっていることに絶えずアンテナを張っています。

現在は主に日本の自動車企業の経営者や国際事業担当者、マーケティング担当者と意見交換をしていますが、他にも、非耐久消費財メーカー、航空企業や広告代理店などのサービス業と、幅広い業種の担当者の方々とお会いし話をすることで刺激を受けています。

そして、ディスカッションの後に必ず行っているのが、パワーポイントを使ってメモを整理することです。

例えば、「ブランドの効果とはどういうことなんだろう」と、機能的、情緒的に分類して考えをまとめたり、企業の方との対話の中で「これはどうなっているのかな」と感じたことを後で調べてまとめておいたり。

文字だけだと内容がわからなくなるときもあるので、できるだけ図やグラフを用いてビジュアル化するようにしています。

重要なものはプリントアウトをして、研究室に貼ったり、目につくようなところに置いているのですが、そうしたメモを眺めているうちに、「ここの話とここの話が繋がるな。研究ではどうなっているんだろう」と発想が浮かぶこともあります。

研究者に限らず、一般の方においても、同じことが言えるのではないでしょうか。

本を読んで気づいた課題や、人との対話で疑問に思ったことなどをメモとして整理し、可視化することで、新しいアイデアが生まれるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
#4 見せかけのCSRとは?

2020.7.14

#4 見せかけのCSRとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2016.10.19

スポーツビジネスの功罪を考えると、社会の未来が見える

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム