明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

建築家の視点に立って相手のニーズを掘り下げよう

青沼 君明 青沼 君明 明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【50】

私はリスク・マネジメントを専門にしていますが、よく研究開発は「建築家のようなもの」と例えています。

ビジネスの世界では理論はあくまでも道具でしかなく、お客様に喜んでもらうためには、ニーズと許容コストを十分検討したうえで、最高の成果物を提供しなくてはなりません。

家を建てるとき、平屋でいいと言っている人に3階建ての建物を提案しても、まったく意味がないのです。

建築家というのはまずお客様の要望を聞きます。

例えば平屋だったら、風呂場とトイレの配置はどうしたらいいのか、お子さんの人数は何人か、ペット優先の人はどうしたらいいのかなど、考えなければいけない要因を聞き出すことが大切なのです。

要望を満たすための必要要件というのは、お客様自身ではなかなかわからないこともあるので、まずは困っていることを洗いざらい聞き出すテクニックを身につけましょう。

それを聞き出せたら、要望に沿った形で色々な設計をしたり、材料を検討したり、コストを見積もったりして、最後は道具を組み合わせて理想的な家を作るということが必要なのです。

ビジネスでも、相手が抱えている問題意識やニーズをうまく引き出せることができれば、それを解決するための新しい発想が生まれてくると思います。

抽象的な課題を具体的な要件定義にまとめ上げ、それを実行するための枝葉をどのように展開するのかを意識していくようにしましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.12.1

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

  • 明治大学 商学部 専任講師
  • 井上 達樹
行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

  • 明治大学 法学部 准教授
  • 西川 和孝
好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 吉村 英恭
環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

2022.11.17

環境共生などの社会的責任を自覚して働こう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 寺田 良一
仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

2022.11.10

仕事の基本を学んだら、失敗も糧に挑戦を続けよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 金子 賢太朗

新着記事

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

2022.11.22

好奇心を尊重し、長い目で見て、人を育てよう

人気記事ランキング

1

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.02.13

現代人が取り戻せず、潜伏キリシタンが250年間失わなかったもの

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

連載記事