明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現地に出かけて人と話し、新たな知見を得よう

田中 絵麻 田中 絵麻 明治大学 国際日本学部 専任講師

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【41】

私はICT政策論などを研究テーマとしていますが、可能な限り現地に赴くこと、現物を見ることを心がけています。

文献調査でも多くのことがわかりますし、学会の内容も動画で見られますが、実際に行って、対象物を使ってみることで、実感がわくようになるのです。

自動運転の調査のときは、アメリカに出張して開発者や製作担当者にインタビューしたり、データの活用については静岡県の情報課の方の話を聞いたりすることで、非常に理解が深まりました。

また、アメリカなどへ調査に何日か行っただけでも、視点が俯瞰的になり、日本社会の洗練された部分が見え、海外ばかりが良いわけではないと認識を改めることもあります。

ビジネスの場面においても、余裕をもって、プラスαで何かを見たり考えたりする機会をつくることが大切です。

普段デスクワークをしている人でしたら、ときには販売の現場に行ってみて、色々な人に話を聞いてみるもの良いかもしれません。

新しい発見に繋がることもあると思うので、ぜひ、あちこち出かけてみるようにしましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.2

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

  • 明治大学 経営学部 准教授
  • 宮田 憲一
自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

  • 明治大学 商学部 准教授
  • 西 剛広
考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

  • 明治大学 農学部 教授
  • 倉本 宣
広く深く教養を身につけ、人間力を高めよう

2021.11.22

広く深く教養を身につけ、人間力を高めよう

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 小林 正人
相手に合わせた指導方法で、可能性を引き出そう

2021.11.11

相手に合わせた指導方法で、可能性を引き出そう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 石川 日出志

新着記事

2021.12.02

興味の範囲を広げて、新たな考え方を得よう

2021.12.01

企業に囲い込まれる消費者から、選択する消費者へ

2021.11.30

自分の真理を追求し、イノベーションを生み出そう

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

2021.11.25

考え方や行動の基盤となる“軸”を持とう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2013.09.01

高信頼性組織とは何か ―失敗が許されない組織の条件―

3

2019.11.19

#4 日本のアニメの特徴って?

4

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

5

2021.11.26

インドから始まるイノベーションは、カオスから始まっている

リレーコラム