明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現地に出かけて人と話し、新たな知見を得よう

明治大学 国際日本学部 専任講師 田中 絵麻

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【41】

私はICT政策論などを研究テーマとしていますが、可能な限り現地に赴くこと、現物を見ることを心がけています。

文献調査でも多くのことがわかりますし、学会の内容も動画で見られますが、実際に行って、対象物を使ってみることで、実感がわくようになるのです。

自動運転の調査のときは、アメリカに出張して開発者や製作担当者にインタビューしたり、データの活用については静岡県の情報課の方の話を聞いたりすることで、非常に理解が深まりました。

また、アメリカなどへ調査に何日か行っただけでも、視点が俯瞰的になり、日本社会の洗練された部分が見え、海外ばかりが良いわけではないと認識を改めることもあります。

ビジネスの場面においても、余裕をもって、プラスαで何かを見たり考えたりする機会をつくることが大切です。

普段デスクワークをしている人でしたら、ときには販売の現場に行ってみて、色々な人に話を聞いてみるもの良いかもしれません。

新しい発見に繋がることもあると思うので、ぜひ、あちこち出かけてみるようにしましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

#5 フードバンクと社会保障制度は連携するの?

2020.5.22

#5 フードバンクと社会保障制度は連携するの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小関 隆志
ネットの情報よりも体系化された知識を活用しよう

2020.5.21

ネットの情報よりも体系化された知識を活用しよう

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 教授
  • 野川 忍
#4 フードバンクが正しいというのは間違い?

2020.5.19

#4 フードバンクが正しいというのは間違い?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小関 隆志
#3 フードバンクはどれくらいの食品を配布しているの?

2020.5.15

#3 フードバンクはどれくらいの食品を配布しているの?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小関 隆志
#2 フードバンクは食品ロスと生活困窮者を救う?

2020.5.12

#2 フードバンクは食品ロスと生活困窮者を救う?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 小関 隆志

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.05.27

長生きリスクを、長生きハッピーにするために

2020.05.20

再生医療からアンチエイジングにも役立つ遺伝子の「付箋」とは!?

2020.05.13

より良い労働条件獲得のために、ストライキよりさらに有効なこと

2020.04.22

画像処理技術は、より安全と公平を社会にもたらす

2020.04.15

自動運転を実用化するのは新しい技術と、私たちがつくる制度

人気記事ランキング

1

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2018.01.19

#1 そもそも、憲法と法律はどう違うのか?

4

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

5

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム