明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

現地に出かけて人と話し、新たな知見を得よう

田中 絵麻 田中 絵麻 明治大学 国際日本学部 専任講師

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【41】

私はICT政策論などを研究テーマとしていますが、可能な限り現地に赴くこと、現物を見ることを心がけています。

文献調査でも多くのことがわかりますし、学会の内容も動画で見られますが、実際に行って、対象物を使ってみることで、実感がわくようになるのです。

自動運転の調査のときは、アメリカに出張して開発者や製作担当者にインタビューしたり、データの活用については静岡県の情報課の方の話を聞いたりすることで、非常に理解が深まりました。

また、アメリカなどへ調査に何日か行っただけでも、視点が俯瞰的になり、日本社会の洗練された部分が見え、海外ばかりが良いわけではないと認識を改めることもあります。

ビジネスの場面においても、余裕をもって、プラスαで何かを見たり考えたりする機会をつくることが大切です。

普段デスクワークをしている人でしたら、ときには販売の現場に行ってみて、色々な人に話を聞いてみるもの良いかもしれません。

新しい発見に繋がることもあると思うので、ぜひ、あちこち出かけてみるようにしましょう。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

リレーコラムの関連記事

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.8.3

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任講師
  • 坂本 祐太
新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.7.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

  • 明治大学 文学部 専任講師
  • 昔農 英明
これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

2021.7.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

  • 明治大学 政治経済学部教授
  • 重田 園江
相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

2021.7.13

相手への期待を込めた指導で、成長を促そう

  • 明治大学 政治経済学部 専任講師
  • 努尓買買提 依克山
「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

2021.7.8

「自主・独立」の精神で、今の時代を生き抜こう

  • 明治大学 商学部 教授
  • 李 英美

新着記事

2021.08.05

気候変動を起こす人の営みを変えるために必要な知恵とは

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2018.01.26

#3 日本国憲法は「押しつけられた憲法」か?

リレーコラム