明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【35】

私の専門は、一般にはアニサキスやギョウ虫などの寄生虫として知られる線虫なのですが、研究者志望の学生からよく「研究のアイデアがわいてこない」と言われることがあります。

私個人としては、アイデアは机に向かい“頑張って”出そうとするようなものではないと思っています。研究のことを四六時中、ずっと頭の片隅に置いておきながら、異分野の人と会ったり、意見交換をしたりしてみると、ふっと新しい発想が浮かんでくることがあるのです。

ときには旅行中に好奇心を持って調べたことがきっかけとなり、研究が始まることもあります。考え出すときは遊びのような感覚で構わないのです。

ただし、こうしたことのベースには基礎学力や知識が非常に重要だと思います。知識が十分でないと、研究をする中で出会った新しいデータや現象に違和感を覚えず、重要な発見を見過ごすことになってしまうからです。

ビジネスパーソンの方も、仕事をやっていく上でまずは自分の核となる部分を見つけてください。ひとつのことを突き詰めてみると論理的に物事が考えられるようになります。これはどんな分野においても役立つことだと思います。

核になる部分と遊び心、この2つが揃ってこそ、新しい発想は生まれるのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム