明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

わかった気にならず、自分の頭でとことん考えよう

明治大学 農学部 准教授 石丸 喜朗

いまやクリエイティブな職種に留まらず、多くのビジネスパーソンにとって発想力や企画力は必須のスキル。ライバルを一歩リードするのに役立つヒントを、知の先達である明治大学・教授陣の言葉から探ります。

教授陣によるリレーコラム/アイデアの泉【3】

私は普段、研究や執筆のときに、中途半端にやめないで徹底的に考え尽くす、ということを心がけています。

現代社会は情報にあふれているため、本質が見えていなくても、なんとなく全体を理解できたような気になりがちです。ただ実際は、わからないことは山のようにあります。

自分の中で何がわかっていないかを見つけること、「なぜ?」と考えることが大切なのです。その疑問に発想のヒントが隠されているのではないでしょうか。

また、このほかにも、「様々な分野の本を読む」「夜寝ているときに何か思いついたら、すぐにメモをとる」「運動をして、頭をスッキリさせる」「風呂(できれば温泉)に入りながらボーッと考える」「自然を感じながら散歩をする」ということを実践しています。

古代ギリシアの数学者・アルキメデスのように、風呂に入っていて浮力の原理を思いつくなど、些細な発見が研究に結びつくこともあるのです。

ビジネスパーソンの方にも応用できる方法だと思いますので、ぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena

連載コラムの関連記事

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

2020.8.6

世代間のギャップこそ新時代へのヒントにしよう

  • 明治大学 国際日本学部 特任教授
  • 沼田 優子
世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

2020.7.30

世代や知識を問わず、様々な人の話を聞いてみよう

  • 明治大学 農学部 専任講師
  • 瀬戸 義哉
メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

2020.7.27

メモを取るのをやめて、思考を突き詰めてみよう

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 小松 孝徳
#5 私たちにできることとは?

2020.7.17

#5 私たちにできることとは?

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 塚本 一郎
疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

2020.7.16

疑問や課題をメモにして整理し、可視化しよう

  • 明治大学 経営学部 教授
  • 原田 将

Meiji.netとは

Meiji.net英語版

特別授業

新着記事

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

2020.07.22

人類の危機を救う植物の秘めた力を解き明かす

2020.07.15

人の生活を助けるロボットの普及を妨げているのは、「人」である

2020.07.08

ブランド価値の向上が日本企業の課題

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

3

2020.08.05

人口変動と人びとの歴史を結わえること

4

2020.07.29

お金について学ばないことで失う機会は大きい

5

2017.10.04

精神鑑定は犯人救済のために行うのではない

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム