明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

新しい世界の扉を開きに、リアル書店へ出かけよう

明治大学 農学部 准教授 服部 俊宏

ときに人生の指針となり、仕事のヒントとなり、コミュニケーションツールの一助となる「読書」。幅広い読書遍歴を誇る明治大学の教授陣が、これからの社会を担うビジネスパーソンに向けて選りすぐりの一冊をご紹介。

教授陣によるリレーコラム/40歳までに読んでおきたい本【43】

書店の棚には、「何でここにこんな本があるのだろう」というような本があるものです。大きな本屋さんだけでなく、郊外の駅前にある、雑誌と漫画と文庫本で経営が成り立っているような店に、一体誰が買うのだろうといった専門書が並べてあったりします。

いまの世の中は、ある種のあやしさをもった本を取り除いた、画一的な店が多いのではないでしょうか。その結果、チェーン店は品揃えがどこも一緒になってしまい発見がありません。

昔は変わったオヤジがやっている書店がたくさんあり、「ここに行けば他にはない本が見つかる!」という経験をしたものです。私の高校時代にも、通学路にある何の変哲もない本屋に、間違って配本されたような専門書が置かれていることがありました。

専門書でなくても、小説でも漫画でもよいのです。人間性の幅を広げてくれるような本に出合えれば、新しい世界を知るきっかけになるのではないでしょうか。

ネット書店も便利ですが、ぜひ、個人書店やユニークな試みをしている書店に足を運んでみることをおすすめします。

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena

連載コラムの関連記事

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

2019.8.8

物事の本質を見極めるために、一歩外に出てみよう

  • 明治大学 文学部 教授
  • 山﨑 健司
#5 センサーデータって誰のもの?

2019.8.6

#5 センサーデータって誰のもの?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
#4 ロボットは個人の情報を収集している?

2019.8.2

#4 ロボットは個人の情報を収集している?

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸
人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

2019.8.1

人が無意識に行っている工夫に可能性を見出そう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 渡邊 恵太
#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

2019.7.30

#3 センサーデータを使ってロボットを賢く!

  • 明治大学 総合数理学部 教授
  • 森岡 一幸

Meiji.netとは

新聞広告連動企画

新着記事

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2019.07.31

万葉集に由来する「令和」に込められた、時代にふさわしい願い

2019.07.24

使い心地の良い道具は、道具ではなくなる

2019.07.17

フランス人はなぜデモを続けるのか

2019.07.10

男か女かハッキリしたがる/させたがる不思議

人気記事ランキング

1

2019.08.07

生物化学は、「より良く生きるための医療」に貢献する

2

2018.05.23

衰える結婚、止まらぬ無子化 ――このままでは日本の未来が失われる

3

2015.10.21

うつ病の対処に必要な「援助希求」という能力

4

2017.01.24

#1 少子高齢化が進むと社会はどうなる?

5

2014.09.01

緊急提言、人口減少社会に歯止めをかける ―方策は少子化対策、社会…

Meiji.net注目キーワード

【注目!】連載コラム