明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

Meiji.net 探していた、答えがある。

プロフィール

清水 有子
教育・研究テーマと関連するSDGsの達成目標に向けて取り組んでいます。

清水 有子

明治大学 文学部 専任講師

研究分野
日本史学専攻 近世史(政治外交分野)
研究テーマ
おもに織豊政権期の政治外交や鎖国の形成過程をめぐる諸問題を取り上げ、とくにキリスト教伝来の影響に着目して、近世日本の世界史的位相を解明すること。
【キーワード】近世日本史、対外交渉史、キリシタン史、織豊政権、徳川政権
主な著書・論文
  • 『キリシタン大名』(共著・五野井隆史監修・宮帯出版社・2017年)
  • 「豊臣秀吉政権の神国宣言―伴天連追放令の基本的性格と秀吉の宗教政策を踏まえて―」(『歴史学研究』958・2017年)
  • 『「近世化」論と日本―「東アジア」の捉え方をめぐって』(共著・清水光明編・勉誠出版・2015年)
  • 「近世日本のキリシタン禁制―地球的世界と国家・民衆―」(『歴史学研究』924・2014年)
  • 「イベリア・インパクト論再考―イエズス会の軍事的性格をめぐって―」(『歴史評論』773・2014年)
  • 『近世日本とルソン―「鎖国」形成史再考』(東京堂出版・2012年)

執筆記事

執筆者一覧

新着記事

2021.08.03

一人ひとりの適性を見極めた指導を心がけよう

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

2021.07.27

新たな視点で社会や物事を捉えよう

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

2021.07.15

これまでの人生を振り返り、初心を思い出そう

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2021.07.30

人が言葉を話せるのは当たり前、ということからわかること

3

2021.07.21

日本の「多文化共生」という概念を見直す時が来ている

4

2017.07.05

生まれる子の福祉を第一に考えて、生殖補助医療法の早期制定を!

5

2015.02.01

公共政策から社会問題を考える ―物事を相対化し、多角的に考えるこ…

リレーコラム