明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「ふむふむ。」「へーっ!」なオノマトペの世界

小野 正弘 小野 正弘 明治大学 文学部 教授

小野正弘【教員プロフィール】
小野 正弘(おの まさひろ)
明治大学 文学部 教授
専門は国語史。日本語の歴史、語彙、意味の変化を研究しています。なかでも強く関心を寄せているのがオノマトペです。新しい言葉が登場したり、若者言葉が流行すると、各方面から学術的な分析をお願いされる人気者。有名な国語辞典の編集責任者も務めています。

ハッとしてグッとくる日本語だから

小野正弘 ばったり、ドキッ、そわそわ、キュン……。私たちが日常的に使っているオノマトペ。物音や動物の鳴き声を人の音声で真似した「擬音語」と、音の感覚を使って感情や状態を表現する「擬態語」に分かれます。擬音語は世界の多くの言語にみられますが、日本語は特に擬態語が目立って発達しているとされます。

 小野先生は、そんなオノマトペ研究の第一人者。実は、なんでもかんでもオノマトペになるわけではありません。そこには普段は意識されることのない法則があるといいます。ハッとしたり、グッときたり、パッとひらめく、そんな言葉の仕組みを知りたくありませんか?

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

研究紹介アニメの関連記事

ひとり だけど ひとりじゃない

2022.4.13

ひとり だけど ひとりじゃない

  • 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
  • 南後 由和
あなた好みの声を作りましょう

2022.4.12

あなた好みの声を作りましょう

  • 明治大学 総合数理学部 准教授
  • 森勢 将雅
夜空に光るナゾの雲…!?

2022.4.12

夜空に光るナゾの雲…!?

  • 明治大学 理工学部 准教授
  • 鈴木 秀彦
わたしに聞こえる音、あの子に聞こえる音

2022.4.11

わたしに聞こえる音、あの子に聞こえる音

  • 明治大学 理工学部 教授
  • 上野 佳奈子
現代人のための考古学的思考法

2022.4.11

現代人のための考古学的思考法

  • 明治大学 文学部 教授
  • 若狭 徹

新着記事

2022.12.07

何のために科学を学ぶのか

2022.12.01

自分で考え、自分で動き、仕事の面白さを知ろう

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

2022.11.29

行き詰ったら、「知の総合化」で解決しよう

2022.11.25

中華世界の拡大は、実は、理に適っていた!?

人気記事ランキング

1

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

2

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

3

2019.11.08

#1 日本のアニメはいつから世界で人気になったの?

4

2017.10.18

ゲーテッド・コミュニティの実態に迫り、その“可能性”を探る

5

2022.11.30

パンデミックによって質屋の機能が見直された!?

連載記事