明治大学の教授陣が社会のあらゆるテーマと向き合う、大学独自の情報発信サイト

「地域創生」の基点は民俗文化にある ―伝統芸能や祭り行事と地域力の関係からの提言―

居駒 永幸 居駒 永幸 明治大学 名誉教授(元経営学部教授)

“辛さ”と付き合う思考に豊かさを見出す

居駒永幸教授 民俗文化は伝統芸能や祭り行事だけではなく、生活全体と考えてみることも大切です。そこには、雪国なら雪とどう付き合うか、生活上の様々な仕組み・知恵があります。私も雪の多い山形県の出身ですが、雪は厳しく辛いものです。寒いし、道は閉ざされるし、事故も多い。冬場は雪との闘いです。でも、雪とは闘うだけではありません。雪と親しむ文化もあります。スキーのように雪国だから楽しめるスポーツもあります。雪は豊かなもの、という一面を活かしたいものです。雪国には「利雪」という言葉があります。マイナス面ではなくプラス面を引っ張り出していくという発想です。逆に暖かい沖縄などでは、暖かさが持つ豊かさを活かす思考があります。まさに「地方創生」とは、各地域ならではの民俗文化を尊重し、豊かさを見出し、活用していくことが求められているのです。

3月14日(土)に明治大学古代学研究所と世界遺産「飛鳥・藤原」登録推進協議会主催の講演会およびトークセッションが明治大学リバティホールで開催されます。「飛鳥万葉とは何か」と題して、私も講演を行う予定です。
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~meikodai/obj_info.html#asukafujiwara2015

※掲載内容は2015年2月時点の情報です。

>>英語版はこちら(English)

※記事の内容は、執筆者個人の考え、意見に基づくものであり、明治大学の公式見解を示すものではありません。

社会・ライフの関連記事

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.9.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

  • 明治大学 法学部 教授
  • 堀田 秀吾
現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

2022.9.14

現代の社会的課題を解決する糸口は、中庸の欲張り!?

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 本所 靖博
単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

2022.9.7

単純にイエス、ノーと言えない産業動物のアニマルウェルフェア

  • 明治大学 農学部 准教授
  • 佐々木 羊介
「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

2022.8.19

「ゆすりは自由な取引?」非常識な問いかけが常識を進歩させる

  • 明治大学 専門職大学院 法務研究科 専任講師
  • 菊地 一樹

新着記事

2022.09.29

経験と経験を組み合わせ、突破口を見出そう

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

2022.09.22

時には立ち止まり、待つことをもっと意識しよう

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2022.09.15

人間力を高めて、魅力あふれる人を目指そう

人気記事ランキング

1

2022.09.21

すべての子どもに、たくさんのキャンプを体験してほしい

2

2020.04.01

歴史を紐解くと見えてくる、台湾の親日の複雑な思い

3

2022.09.28

ことばによるバイアスに気がつく方法とは

4

2015.06.01

経済のサービス化の意味 ―求められるモノからコトへの構造転換―

5

2020.11.04

私たちの身近にある熱エネルギーには多様な可能性がある

連載記事